『ホリデイ』ネタバレ感想とあらすじ クリスマスに観たい映画!


映画『ホリデイ』予告動画

スポンサーリンク

『ホリデイ』作品情報

2006年アメリカ映画(原題:The Holiday)。
クリスマス休暇にお互いの家を交換する「ホームエクスチェンジ」を題材としたラブコメディ。ナンシー・マイヤーズ監督・脚本、出演キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラック、イーライ・ウォラック、エドワード・バーンズ。

『ホリデイ』あらすじ

ロンドンの新聞社に勤めるアイリス(ケイト・ウィンスレット)は会社のクリスマスパーティーで、長年の片想いの相手ジャスパー(ルーファス・シーウェル)の婚約を知り深く傷つく。一方、ロサンゼルスに住み映画の予告編制作の会社を経営するアマンダ(キャメロン・ディアス)は、同棲中の恋人に浮気され怒り心頭。そんな傷心のアイリスとアマンダは家を交換するサイトを通じて知り合い、クリスマス休暇中にお互いの家を交換することにする。
翌日、早速アマンダはイギリスへ飛び、アイリスはアメリカへと向かうのだった…。

『ホリデイ』ネタバレ感想

感想をまじえながら物語を解説していきます(ネタバレ含む)。

『ホリデイ』はクリスマス休暇を利用してお互いの家を交換した女性たちが、滞在先で出会う人々との交流と恋を描いた心暖まるラブコメディです。アメリカ人とイギリス人の性格の違いなどが対比されて良く出来た作品となっています。

イギリスのロケ地はサリー州にあるシェアという町。映画に映し出されるまんまの本当に小さな村ですが、建物が可愛らしく人気の観光スポットになっています。

ちなみに映画でダスティン・ホフマンがちらっと出ていますが、たまたま偶然行ったブロックバスターで撮影に出くわしたので、出演したそうです。

感想として『ホリデイ』はウキウキするしホロッとくるし、クリスマスシーズンに観るにはぴったりの良い映画だと思います。

監督が女性ということもあり、女子には共感できるところが盛りだくさんなのではないでしょうか。休暇先でのジュード・ロウみたいな色男とのロマンスなんて、女性の願望が詰まっている感じがします。この映画で夢に浸れますよ~。ああ夢よ醒めないで!

大まかに言うと、アメリカ人はポジティブでイギリス人は悲観的です。イギリス人は性格的に日本人によく似ています。シャイで古めかしいところがある。面白いのは、イギリス人はアメリカ人に間違われるのが嫌なのだそうな笑。

『ホリデイ』で言うと、ケイト・ウィンスレット演じるアイリスは3年も同じ人をずっと想っている片思いで、いつも泣いているネガティブな女性です。いっぽうキャメロン・ディアス演じるアマンダは、恋人に浮気されて傷ついてますが、旅行してさっぱり忘れてやろう!みたいな気概を感じる女性で、アメリカ人っぽいです。

そんな二人がクリスマス休暇の間だけ家を交換しようってことになります。二人が使うサイトは実際にある「homeexchange.com」というサイトです。



アマンダの家はLAの豪邸で、開放的なので、アイリスは思いっきり喜んじゃいます。やったー!って。一方アイリスの家はイギリスの片田舎にある絵本の中のような素敵なコテージですが、寒いし田舎なのでやることもなく、アマンダは翌日には帰ろうかなって思っていました。

そんな折、アイリスの兄であるジュード・ロウ扮するグレアムと出会います。グレアムが超イケメンなので、暇だったアマンダは浮かれてしまい、寂しさも手伝ってグレアムと寝てしまいます。この辺にアメリカ女性の豪快さがよく表れています。オッケー!みたいな。

はじめは遊びで寝たけど、グレアムを知るうちにどんどん彼の人柄に惹かれていきます。でも休暇が終わったら離れなくちゃいけないから、本気にはなれない。本気になっちゃだめだと自分に言い聞かせる。このあたりの恋の切なさは、ほろっと来てしまいます。限られた時間の恋ほど切ないものはないですよね。

アイリスのほうは、アーサーおじいちゃんなど地元の人々と触れ合い、心が徐々に解放されていきます。失恋した時って何故か色々な人と喋りたくなりませんか。視野が狭まっていたのが急に広くなる。普段は気にしない老人でさえ話したいと思ったアイリスの気持ちに共感できます。

そんなアーサーおじいちゃんは、実はハリウッドの脚本家としてオスカーも取った凄い人だった。人に歴史あり。老人でも差別しないで接したアイリスは、思わぬ知恵をアーサーから得られて、棚からぼた餅。さりげなく人生の教訓を描くところが憎いなと思いました。

このようにアメリカ的なオープンな性格の人々との交流によって、アイリスもオープンで前向きな考え方になっていく。だからずっとジャスパーという悪い男に利用されていたけど、こんな奴とはきっぱり別れる!って決心できた。旅を通じて得たアイリスの成長した姿は、観ていて気持ちが良かった。

「ホームエクスチェンジ」を通して、アマンダは浮気男じゃなく、一途で家族思いの紳士な男性、本気の恋を手に入れた。アイリスは人々との触れ合いを通して新しい前向きさを手に入れた。マイルズ(ジャック・ブラック)は恋人というより親友という感じ。

両者とも同じ結果じゃなく微妙に違う結果がとても良い。それぞれに合った良い結末だなと思いました。

クリスマスにハッピーな気分になりたいなら是非『ホリデイ』を観て、人の暖かさに触れてみてはいかがでしょうか。

「ホリデイ」DVD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします