映画「ボーダーライン/SICARIO」感想

映画「ボーダーライン/SICARIO」感想


【作品情報】

2015年アメリカ映画。
「プリズナーズ」「灼熱の魂」のドゥニ・ビルヌーブ監督が、「イントゥ・ザ・ウッズ」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントを主演に迎え、アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実をリアルに描いたクライムアクション。共演にベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン。アカデミー賞3部門ノミネート。原題のSicarioとはスペイン語で『殺し屋』の意味。

【あらすじ】

エリートFBI捜査官ケイトは、ある麻薬組織を家宅捜査したとき、仲間を失ってしまう。その責任を問われ、米国防総省の特別部隊にリクルートされたケイトは、国防総省の特別顧問や謎のコロンビア人とともにアメリカとメキシコの国境付近を拠点とする麻薬組織撲滅の極秘作戦に参加する。しかし、仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した作戦内容や、人の命が簡単に失われていく現場に直面し、ケイトは彼らの行動に疑問を持つようになるが…。

この映画は、なかなか凄まじい作品だと思います。
メキシコの麻薬戦争の現実が、圧倒的な臨場感と濃厚なドラマで、とてもリアルに描かれています。はっきりいって、ちょっと気持ち悪い場面も多々あります。なんせ麻薬戦争の現実ですから。

自分はその気持ち悪さが癖になって、5回くらい観てしまいました。出ている俳優さんが全員上手で、はまり役で、それだけでも映画の世界に引き込まれてしまいます。ベニチオ・デル・トロが迫力ある演技みせてます。あと、ケイト役のエミリー・ブラント。この人いいですね。目が好きです。ちょっと哀しげな陰のある感じが似合いますね。

この映画は、緊迫感がすごいんです。画面からヒシヒシと伝わってきます。何が起こるかわからない緊張感が不気味な音楽とあいまって、手に汗握ります。メキシコの街ってほんとにあんなに恐い感じなんでしょうか。

ケイトは仲間を失った罪悪感と正義感で、謎のやつらと行動を共にするのですが、彼らのやり方が本当にめちゃくちゃなので、戸惑ってばかりいます。挙句の果てには法律を超えた行動に巻き込まれてしまいます。でもこれがアメリカの真実なんじゃないかと思います。

CIAとか絡んでくるので、麻薬戦争の裏側も暴露されちゃって、なかなか危ない映画だとも思います。銃撃戦もリアルで迫力があります。犯罪系が好きな人は、マストシーの1本でしょう。はまる人はめちゃくちゃはまると思います。優れたエンターテインメント映画です。強烈におすすめです!

「ボーダーライン」予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大