「ロンドン・ブルバード」ブリティッシュ・ノワール的映画

「ロンドン・ブルバード」ブリティッシュ・ノワール的映画


【作品情報】

2010年イギリス映画。ケン・ブルーウンの小説『ロンドン・ブルヴァード』を原作とした犯罪ドラマ。キングダム・オブ・ヘブンの脚本家ウィリアム・モナハンの初監督作。出演は「トータルリコール」のコリン・ファレル、キーラ・ナイトレイ、デヴィッド・シューリス。

【あらすじ】

3年の刑期を務め上げて出所したミッチェル(コリン・ファレル)は、二度と塀の中には戻らないと心に誓う。裏社会とのつながりを断つためにもまともな仕事を探していた彼は、偶然元女優のシャーロット(キーラ・ナイトレイ)のボディーガードに採用される。だが、ミッチェルの活躍がギャングのボス(レイ・ウィンストン)の目に留まり…。

ハリウッドでも活躍しているアイルランド人俳優コリン・ファレル出演の「ロンドン・ブルバード」はロンドンを舞台にした作品です。ロンドンの街並みを背景にスタイリッシュな映像で一見オシャレ系犯罪映画だと思わせますが、それはほんの一瞬で、一言でいうとクソみたいな映画です。フィルムノワールと言えば聞こえはいいですが、ただのC級映画です。

まず物語がハチャメチャめちゃくちゃ。というか物語としてあまり成り立っていません。主人公は、女優のボディガードのはずなのにボディガード的な事は一切していません。刑務所から出て足を洗いたいはずなのに、元のワル仲間とチンピラみたいな仕事をして、たまに女優宅にいるという感じ。本当に良くわからない奴です。

そんな適当な奴ですが、なぜか女優に気に入られ、恋人になってしまいます。そしてギャングのボスにも気に入られて、仲間になれとしつこく誘われます。そのボスと激しい口論をしたはずなのに、次のシーンでは仲良くお食事しています。そしてまた、キレて口論して、食事の途中で出ていきます。なら初めから食事いくなよ笑。もうめちゃくちゃです。

カットすべきシーンをカットしていないので映画として成り立っていません。だいたいボディーガードと女優が恋に落ちる設定なら、もっとボディガードとしての役割を演じるシーンを入れろよ、と言いたい。彼女を守るシーンとか。そんな場面はありません。おしゃべりしているだけです。たいした会話でもないのに、何故か女優はめっちゃ心を開きます。

そして最後は急にとんでもない殺人鬼になって、どうでもいい奴も殺しちゃう。
こんな感じで、めちゃくちゃにストーリーが進んでいくので、終始ぽかーんの連続。観客置いてけぼりすぎ。俳優の無駄遣いすぎ。

キーラ・ナイトレイは可愛かったけど。コリン・ファレルはどう演じていいか分からない感じで終始ブレブレ。監督に大いに問題がありますね。

だらだらしていてイギリス映画っぽい撮り方ですが、監督はアメリカ人です。
そんな感じで何もかもがズレている薄っぺらぺら映画でした。

『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』予告編動画

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大