「リミットレス」もし脳が100%覚醒したら?

「リミットレス」もし脳が100%覚醒したら?


【作品情報】

2011年アメリカ映画。(原題: Limitless)
アラン・グリンの小説『ブレイン・ドラッグ』を原作に『ダイバージェント』のニール・バーガーが監督を務めたテクノサスペンス。出演ブラッドリー・クーパー、ロバート・デニーロ、アビー・コーニッシュなど。

【あらすじ】

スランプに陥り恋人も去ってしまった作家のエディ(ブラッドリー・クーパー)は、元妻の弟から脳を100パーセント活性化する新薬「NZT48」を手に入れる。薬を服用するや一晩で傑作小説を書き上げた彼は、さらにビジネス界にも進出して株取引や投資で大成功を収める。瞬く間に財界の頂点へと駆け上がっていくエディだったが、やがて薬の副作用に苦しめられ…。

脳を100パーセント活性化させる新薬を手に入れた男の運命をスリリングに描く快作「リミットレス」。「ハングオーバー」シリーズのブラッドリー・クーパーが主人公を演じています。感想としては、なかなか面白かったです。設定が近未来的で興味深かったので物語に引き込まれました。

主人公のエディはうだつの上がらない小説家志望の男で、小説家といっても一行も書けていないという体たらく。無駄に日々を過ごし、恋人にも愛想を尽かされ落ち込んでいる時に、街で偶然会った元妻の弟から「NZT48」という薬を手に入れます。

それは脳を100パーセント覚醒するという驚異的な薬。一錠飲んだエディの脳はたちまち覚醒し、超天才になって小説も4日で書き上げてしまいます。

こんな薬あったら飲んでしまいませんか?自分の能力が100%覚醒するのです。株取引でもなんでも先が読めてしまうので、すぐにお金持ちになれてしまいます。超一流ディーラーにもなれるし、天才小説家にもなれるし、すべての分野で才能を発揮することができるスーパーマンになれます。

エディもまさにそのようになり、成功の階段をものすごいスピードで昇っていきます。
しかし薬には副作用がつきものです。エディはだんだん記憶が飛んだり曖昧になったり、薬が切れるとひどい吐き気で苦しむようになります。そして薬を飲み続けないと死んでしまうことを知ります。さてエディは一体どうするのでしょう?

という、とてもスリリングな展開になっており目が離せません。
それにしてもブラッドリー・クーパーはとても目が青いですね。透き通るようなエメラルドブルーの目をしています。彼が演じるキャラにはどこか軽い印象を以前から感じていました。なんというか真剣味がないというか。それはもしかしたら目に原因があるのかもしれません。

それはさておき、自分もこんな能力を持ちたいなあと羨ましく思いました。脳が100%覚醒したら、人生が全く違ったものになりますね。どのようにその能力を使っていくのか、考えるのも楽しいと思います。「リミットレス」はそんな妄想を駆り立てる映画でした。

映画『リミットレス』予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大