『ビフォア・アイ・フォール』ネタバレ感想 女子高生のタイムループ映画!


『ビフォア・アイ・フォール』予告動画

スポンサーリンク

作品情報

2017年アメリカ映画(原題:Before I Fall)。
ローレン・オリヴァーの人気ヤングアダルト小説「Before I Fall」を原作としたタイムループミステリー。何度も同じ日を繰り返すことになった女子高生の奮闘を描く。日本では未公開。Netflixで配信。監督ライ・ルッソ=ヤング、主演は『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 』のゾーイ・ドゥイッチ。他キャストにハルストン・セイジ、ローガン・ミラー、キアン・ローリー 、シンシー・ウー、ジェニファー・ビールス、エレナ・カンプーリス。

あらすじ

17歳のサマンサは親友たちや彼氏に囲まれて充実した高校生活を送っていたが、ある夜、パーティからの帰り道に交通事故に遭い、命を落としてしまう。翌朝、なぜか自宅のベッドで目を覚ましたサマンサは、自分が死んだ日の朝に逆戻りしていることに気づく。全く同じ1日が繰り返されていることに戸惑いながらも、事故を回避するべく行動を起こすサマンサだったが…。

感想・評価

『ビフォア・アイ・フォール』は、いわゆるタイムループものです。

女子高生が同じ日を何度も何度も繰り返しながら、人生の大切なことに気づいていく青春映画でもあります。

若い人に是非、観ていただきたいとおすすめします。友達のこと、家族のこと、異性のこと。きっと色んなことに気づかされること間違いないでしょう。

あなたの心の内にある言葉にならない感情を、上手に映像で表現してくれています。

主人公を演じる新進気鋭の女優ゾーイ・ドゥイッチ

主人公のサマンサを演じるゾーイ・ドゥイッチ。2016年は7本もの映画に出演している人気爆発中の女優さんです。

出演作は『ヴァンパイア・アカデミー』『ダーティ・グランパ』やリチャード・リンクレイター監督の『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』などです。

母親はなんとあの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズで有名なリー・トンプソンなんですね。父親も映画監督で、いわゆる芸能一家ですね。サラブレッドの2世女優さんです。でも2世って言う必要がないくらい実力と魅力がありますね。

この映画では彼女の魅力が溢れています。もの哀しげな表情が抜群にうまいと思うんですがいかがでしょう?

同じ日がループする

サマンサは楽しい友達に囲まれて、チャラい彼氏もいて、充実した青春を過ごしています。
他の男にも言い寄られたり、イケてない同級生を馬鹿にしたり、そんなごく普通の女子高生。

しかしある日、パーティー帰りに事故にあって車が横転して、目を覚ましたら自分のベッド。
夢かなと思ったけど、その日も前日と同じ出来事が繰り返され、びっくらこいちゃいます。

その日から何度も何度も同じ日がループするようになる。なんとかループから逃れようとするけど、目を覚ますとまた同じ日の朝。

サマンサはついに吹っ切れて、ファッションを180度変えてみたり、彼氏を振ったり、友達と喧嘩したりします。また、馬鹿にしていた同級生を大切にしようと思ったり。

そうして同じ日を繰り返すうちに、だんだんとサマンサに変化があらわれます。

忙しい日々の中で、見えなかったことが見えてくる。家族の愛や人の優しさに気づいていく。

こうした主人公の心の成長物語が、この映画の見所です。きっと若い世代にとっては「あるある」と共感する場面がたくさんあると思います。

結末(ラスト)※ネタバレ注意

個人的に、ラストは気に入りませんでした。

友達の身代わりになっちゃうんですね。何故サマンサはそこまでして自分の身を犠牲にしたのか。ちょっと腑に落ちない終わり方です。

結局のところ本当は、はじめの事故で亡くなっていて、あとは全部彼女の夢なのかもしれません。ラストは全然違う終わり方でも良いと思いました。観られた方はどう思いましたか?

ちょっとスッキリしない終わり方でしたけど、そこを除けば全体的には楽しめます。

青春時代の多感な若者の繊細な心の動きを、上手に描いています。もしかしたらゾーイ・ドゥイッチの演技がうまいから、そう見えたのかもしれません。彼女の表情に要注目です!

『ビフォア・アイ・フォール』DVD

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします