アッ!と驚く展開で度肝を抜かれるサスペンス『サイド・エフェクト』


「サイド・エフェクト」予告編映像

スポンサーリンク

作品情報

2013年アメリカ映画。
『トラフィック』などの名匠スティーヴン・ソダーバーグ監督最後の劇場作と呼ばれるサスペンススリラー。精神科医役にジュード・ロウ、ヒロインに『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、チャニング・テイタムが脇を固める。

あらすじ

金融マンであった夫マーティン(チャニング・テイタム)が違法株取引で逮捕されたのを機に、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、交通事故や自殺未遂を引き起こすように。診察を担当した精神科医バンクス(ジュード・ロウ)は、かつて彼女を診ていたシーバート博士(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)に相談。エミリーが抱える症状の詳細を聞き出し、彼女の了承も得て抗鬱剤の新薬アブリクサを投与する。症状が快方に向かっていたある日、マーティンがナイフで刺されるという事件が起きる…。

感想・評価

サイドエフェクトとは副作用という意味です。まさに映画の核心をつくタイトルで、薬の副作用によって次々と事件が起きてしまう。この映画、とっても面白いです。サスペンスの傑作だと思います。

監督は「トラフィック」や「オーシャンズ」シリーズ、「シリアナ」など安定した作品を撮るスティーヴン・ソダーバーグです。さすがと言わざるを得ません。

精神科医のジュード・ロウもいい味だしていました。彼が処方した薬の副作用によって、エミリーが夫を殺してしまうので彼は責任を問われ、社会的に追い込まれていきます。

エリートから一転、妻にも愛想をつかれ慌てふためく姿を観て、クスクスと笑ってしまいました。二枚目なんだけど三枚目も演じられますよね。そして彼は何かに気づく。これは仕組まれてるんじゃないか?

また、エミリー役のルーニー・マーラもめっちゃ上手でした。うつ病の妻なんですが、めっちゃだるい感じを出していました。目がうつろで、こんな人いたら「大丈夫ですか?」って声をかけてしまうくらい、病的な感じでした。すごくはまってましたね。こういう弱い女性好きです。

この映画は出てくる人間、みんな一癖ありというか、善人は出てきません。

夫は夫でどうしようもない奴だし、妻は怖ろしい人だし、精神科医も保身で精一杯。人間の闇を鋭く描いていると思います。みんなそうだと思います。みんな人に言えない秘密があって、秘密や闇を抱えて生きている。

最後は大ドンデン返し!という驚きの展開。なかなかに裏切られた感があります。

優れた脚本だと思いました。撮り方も上手だし、サスペンスの傑作だと思います。おすすめしたいと思います。是非観て楽しんでください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする