「10日間で男を上手にフル方法」最高にハッピーになれるラブコメの金字塔

「10日間で男を上手にフル方法」最高にハッピーになれるラブコメの金字塔


【作品情報】

2003年アメリカ映画。
“10日間で恋人をつくれるか”賭けをしている男性と、“どうしたら10日間で男にフラれるか”を取材する女性記者の駆け引きを描いたロマンティック・ラブコメディ。「ミスティックピザ」などのドナルド・ペトリ監督。主演は「あの頃ペニー・レインと」のケイト・ハドソンと「ダラスバイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー。

【あらすじ】

女性誌の編集者アンディ(ケイト・ハドソン)は、男にわざと振られてその体験をコラムにするというやっかいな仕事を引き受ける。彼女が実験台に選んだのは、広告マンのベン(マシュー・マコノヒー)。10日後の締め切りまでに彼から振られるべく、ベタつく+スネる+わがままこねると女の武器を総動員して奮闘するアンディ。ところが何をやってもベンの反応は「君に夢中だ」の一言。実はベンは、上司から“10日以内に恋人をつくれば、大きな仕事を任せる”という約束を取り付けていたのだった。

「10日間で男を上手にフル方法(原題:How to Lose a guy in 10 days)」はラブコメの金字塔と言われる作品です。最高に面白く、軽快で、キュートで、文句のつけようがありません。この映画をつまらないという人は、映画を観るのをやめたほうが良いと思います。それくらい自分は大好きな映画です。ラブコメの要素全てが詰まっているといっても過言ではない!

まず設定が楽しませてくれます。10日間で彼女を作らなければならないベンと、10日間で振られなければならないアンディ。そんな二人が出会い、お互いの思惑を秘めつつ、軽快なやりとりを繰り広げます。マシュー・マコノヒーとケイト・ハドソンの掛け合いがめちゃくちゃ面白いです!

アンディが振られるために、ベンにむちゃくちゃするとこは爆笑必至です。サイコな女を演じるアンディ。片やベンは振られちゃダメなので、怒りつつも我慢しアンディをなだめます。この2人のやりとり、ゲラゲラと笑いが止まりませんでした。ラブコメでこんなに笑ったのはこの作品が初めてです。

また、この作品ほどケイト・ハドソンの魅力が十二分に詰まっている作品はないでしょう。とってもキュートで最高に愛くるしい彼女の表情や仕草に誰もが魅了されてしまうと思います。彼女の最高傑作だと思います。

恋に疲れた人、恋に落ち込んでいる人に絶対的にお勧めします。音楽も最高ですよ!笑って、泣いて、ほのぼのして、ちょっぴり切なくて、最後にハッピーになれる。まさにキング・オブ・ラブコメ。ラブコメの王道「10日間で男を上手にフル方法」を思う存分楽しんで欲しいと思います。

「10日間で男を上手にフル方法」予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大