強烈な可笑しさと悲しさ「イングロリアス・バスターズ」感想


「イングロリアス・バスターズ」予告

スポンサーリンク

作品情報

2009年アメリカ映画。
監督・脚本クエンティン・タランティーノ。ブラッド・ピット、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン出演。第二次世界大戦中のナチス占領下のフランスを舞台に、ナチス・ドイツ指導者の暗殺を企てるフランス人の女性映画館館主(ロラン)と、ユダヤ系アメリカ人からなる秘密部隊を率いる米陸軍中尉(ピット)をユーモアたっぷりに描く快作。

あらすじ

1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。やがて彼らはパリでの作戦を実行に移す。

感想・レビュー

タランティーノらしいなんともクレイジーな映画です。
真面目なのか、ふざけてるのかよくわかりません。笑

冒頭シーンではナチス時代のいたたまれないユダヤ人狩りを、
緊張感あふれる感じで描いていて、なんとも心苦しい気分にさせてくれますが、
ブラッドピット率いる秘密部隊がとてもコメディチックで、
悲しみと笑いの2つをメリハリつけて描いてるような感じがしました。

ただこの映画は、よく登場人物が死にます。笑
魅力的なキャラクターたちは、ほとんど死んでしまいます。

イギリス人将校のマイケル・ファスベンダーなんか超かっこいいのに
あっという間に、死んでしまいます。もっと物語に絡んでほしかったのですが。

ショシャナ(メラニー・ロラン)も、家族を皆殺しにされて、
ナチスへの復讐心を糧に映画館を営んでいる、なんとも可哀想な女性ですが、
彼女もまた、復讐を成功させるものの命を落としてしまいます。

あまりハッピーエンドらしくないのが、タランティーノらしいというのでしょうか。
やはり一癖も二癖もありますね。

パルプフィクションのジョントラボルタも、主人公なのに、あっけなく殺されてしまいましたもんね笑

タランティーノ映画には、何か因果応報のようなものを感じます。
タランティーノがそういうことを意図しているのかもしれません。

それにしても、ショシャナ役のメラニーロランがいい味だしてました。フランスの女優さんなんですね。美人で哀愁があって、なんとも胸キュンしちゃいます。

結論として、イングロリアスバスターズは単純に楽しめる映画です。
何にも考えず、ぼけーっと見るにはいいんじゃないでしょうか。
観てもいいし、観なくてもいい。そんな映画です。笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする