『エターナル・サンシャイン』ネタバレ解説と感想 詩の説明も!


映画「エターナルサンシャイン」予告動画

スポンサーリンク

『エターナル・サンシャイン』作品情報

2004年アメリカ映画(原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind)。
チャーリー・カウフマンの脚本をミシェル・ゴンドリー監督が映像化した恋愛ファンタジー。主演は『ライアーライアー』のジム・キャリー、共演に『タイタニックの』ケイト・ウィンスレット、他キャストにイライジャ・ウッド、キルスティン・ダンスト、マーク・ラファロ、トム・ウィルキンソン。第77回アカデミー脚本賞受賞。

『エターナル・サンシャイン』あらすじ

バレンタインの季節。ジョエル(ジム・キャリー)は、恋人クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)と喧嘩別れをしてしまう。何とか仲直りしようとプレゼントを買って彼女の働く本屋に行くが、クレムは彼を知らないかのように扱い、目の前でほかの男といちゃつく始末。ジョエルはひどいショックを受けるが、やがてクレムが記憶除去手術を受けたことを知る。彼女の行動に嘆き悲しむジョエルだが、自身もクレムの記憶を消す手術を受けることを決める。施術中ジョエルは脳内でクレムとの想い出をさまよい、やがて無意識下で、手術に抵抗し始めるのだった。

『エターナル・サンシャイン』ネタバレ解説と感想

奇抜な時系列進行で、観客を摩訶不思議な世界へといざなう映画『エターナル・サンシャイン』。

時間軸はブンブン飛ぶし、記憶除去装置も出てくるし、SF要素たっぷりだけどSFじゃあない!立派な恋愛映画である。こんな奇抜な設定でも、完璧で美しい恋愛を描いてしまったすごい映画である。

映画好きなら必ず観なくちゃいけない作品なので、まだの人は是非観て下さいね。アカデミー脚本賞をはじめ世界的な評価も高く、あらゆる映画ランキングにいつも入る常連です。映画史的にも恋愛映画の分岐点となる重要な作品だと思います。

まず脚本家のチャーリー・カウフマンですが、天才脚本家と言われてた人です。『マルコヴィッチの穴』『アダプテーション』など奇想天外なストーリーで人気を博していました。『エターナル・サンシャイン』で満足しちゃったのか、最近はほとんど脚本を書いてないようですが。

原案はミシェル・ゴンドリー監督が友人に「あなたの恋人は、あなたを記憶から消去しました。という郵便カードがきたらどうする?」と言われた話しから作られたそうな。

ということで物語は、喧嘩別れした男女が、辛い過去を消してくれる記憶除去手術を受けるお話。恋人から先に自分の記憶を消されてしまった主人公のジョエル(ジム・キャリー)は、自分も恋人の記憶を消去しようと施術を受けていく。

ちなみにトリビアをひとつ。
オープニングの電車の中で、クレム(ケイト・ウィンスレット)がジョエルにパンチするシーンはアドリブです。ジム・キャリーは素でビックリした反応をしています笑。



物語の解説

この映画では「記憶」を扱いつつ、そこから恋愛の普遍的なテーマへと向かう構成となっています。時系列は複雑に見えますが、ほとんどジョエルの脳内イメージなので、あまり気にしなくて大丈夫。

時系列がごちゃごちゃして難しいと感じる人は、クレメンタインの髪の色を確認。
時系列順に、緑→オレンジ→青となっています(赤はファンタジー場面)。

また時系列の変化は、そのまま気持ちの変化に繋がります。主人公ジョエルとクレメンタインの気持ちの変化。出会いの頃の新鮮な気持ち(緑)→付き合ってる頃の気持ち(オレンジ)→失った後の新たな気持ち(青)。

なんでこの映画、観る人によって心に残る忘れられない映画になるんでしょうか?その理由のひとつは「想い出」をメインに扱っているからだと思います。

映画の中の「想い出」は、個人の「想い出」と結びついて、グッと身近なものになっていく。観客は、主人公の想い出と自分の想い出をシンクロさせるようになるんですね。記憶が崩れていく場面なんか最高に切ない瞬間です。

映画のなかでジョエルは恋人との想い出を、ひとつひとつ消していく作業に入ります。失恋など辛い記憶は、誰しも消したいと思うもの。しかしジョエルは記憶が消されていくうちに、違和感を覚え始める。

あれ、ちょっとまった。この記憶だけは消さないでくれ。あ、その記憶も消さないで!

だんだん彼は記憶が消されていくことに抵抗を始める。そして辛い想い出も、じつは大切な想い出であることに気づかされる。

人は馬鹿だから、失ってはじめて気づく生き物。ジョエルも気づいた、クレメンタインの大切さを。「誰かを大切に思う気持ち」が、いかに尊いかってことを。

結局ジョエルはクレムの記憶を消されたけど、しかし、心の奥にある愛を消すことはできなかった。二人は思い出の場所にそれぞれ導かれ、そこで再会することになる。

記憶を消されてもなお、ふたりは再び惹かれ合う。でも今度は無垢な心で。

ラストでクレムが言う「わたしはクレイジーなの、今にイヤになるわ」。
ジョエルは優しく答える「いいさ」。

意識が変わったふたりの関係 ―― それは新しい世界。
エンディング曲は、心を変えれば世界もまた変わる、と歌われる。

恋愛関係は、緑(初心)→オレンジ(倦怠・安定)→青(意識の変化)を繰り返し、成長していくのかもしれない。それを象徴するかのように映画のラストは、砂浜を走る二人の姿を三回繰り返す。

『エターナル・サンシャイン』は「世界を変えたいと思うなら、まず自分が変わってごらん。そうすれば、あなたの世界も変わっていくよ」ってことを伝えたいのだろうと思う。

記憶を消され、無垢になった2人の心に、永遠の光りが差し込んでいく。

アレキサンダー・ポープの詩

最後に、題名となったアレキサンダー・ポープの詩を解説します。

“幸せは無垢な心に宿る 忘却は許すこと 太陽の光に導かれ 陰りなき祈りは運命を動かす”

この詩は「ロミオ&ジュリエット」の元ネタとして有名な恋愛書簡「エロイーザよりアベラールへ」の一節です。これは修道女になると決意したエロイーザが、アベラールへの想いを断ち切る悲恋の物語なのですが、日本語訳だと意味がだいぶ分かりにくくなっちゃってますね。

原語では
“How happy is the blameless vestal’s lot!
The world forgetting, by the world forgot.
Eternal sunshine of the spotless mind!
Each pray’r accepted, and each wish resign’d.”

意訳すると
“罪のない場所(修道院)にいられることは何という幸せ!
世界を忘れ、世界からも忘れられている場所(許しの存在する場所)
けがれのない心に宿る永遠の陽光(ひかり)
すべての祈りは答えられ、すべての願いは(神に)委ねられる”

という宗教的な詩です。神への賛美の詩。エロイーザが修道女であることを踏まえれば、「永遠のひかり(エターナルサンシャイン)」は神を比喩している、ことになります。

詩的にもっと分かり易い感じにすると、
“なんと幸いなことか。無垢な心、許す心は。
彼らは永遠の光によって導かれ すべての祈りは答えられる”

こんな感じでしょうかね。日本語字幕では理解しずらかったのでちょっと残念でした。

なんにせよ『エターナルサンシャイン』は恋愛映画の傑作であり、永久保存の作品だと思います。

『エターナルサンシャイン』DVD

『エターナルサンシャイン』ブルーレイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします