「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」トム・クルーズのアドベンチャー活劇!

「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」トム・クルーズのアドベンチャー活劇!


「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

【作品情報】

2017年アメリカ映画。(原題:The Mummy)
1932年のホラー映画「ミイラ再生」をリブートしたトム・クルーズ主演で贈るアクションアドベンチャー。監督は「M.I.Ⅲ」の脚本を手掛けたアレックス・カーツマン。共演に「キングスマン」のソフィア・ブテラ、「グラディエーター」のラッセル・クロウ。

【あらすじ】

古代エジプトの王女アマネットは次期女王になる約束を裏切られた怒りから闇に堕ち、生きたまま石棺に封印されてしまう。それから2000年後、中東の戦闘地帯で石棺が発見される。発掘に立ち会った米軍関係者ニックは、考古学者のジェニーらとともに輸送機で石棺をイギリスに運ぼうとするが、その途中でトラブルが発生。ジェニーは脱出したものの、ニックを乗せた輸送機はロンドン郊外に墜落し、石棺が行方不明になってしまい。。。

【感想・ネタバレなし】

この映画の元ネタは「ミイラ再生」という古い映画だそうで、「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」でもリブートされている。どっちかというとこの映画より、個人的には「ハムナプトラ」のほうが好きだ。「ハムナプトラ」は冒険活劇というに相応しい楽しい映画だった。レイチェル・ワイズが可愛すぎたのを覚えている。

「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」はもう少し暗い雰囲気だ。わざわざトム・クルーズを主演に迎えて、この映画を製作した理由がいまいち分からない。内容はよくあるものだし、真新しさは全くない。インディー・ジョーンズのようにシリーズ化するのだろうか。

そうは言ってもこの映画、トム・クルーズ作品史上最大のオープニング興業記録を飾ったそうだ。CMをみても「ハムナプトラ」の二番煎じか?と思うほど観たいと思わなかったので、多くの人が観たいと思った理由を知りたいところだ。

案の定フタを開けてみれば、期待通りの退屈でつまらないハリウッド色満載の映画だった。勿論少しは楽しめるエンタメ作品にはなっている。ノンストップな展開で、およそハリウッドらしい作りだ。しかし同じような内容のものを、何度もやる意味が分からない。ハリウッドはネタがなさすぎるのだろうか。

それにしても、トム・クルーズが出てくると「ミッションインポッシブル」のイーサンの強さを毎回期待してしまう。強くないとガッカリ感が半端ない。トム・クルーズ=アクションヒーローという図式があまりにも強すぎて何をやってももはやトム・クルーズでしかない。この男ほど、超人的な力ですべてを解決するのが似合っている俳優はいない。全世界の人が、トムがスーパーマンになるのを銀幕上で期待しているのだ。

この映画は多分劇場で3Dで観たほうがいいだろう。3D用の映画なのだと思う。普通に観ても、ふーんで終わってしまう映画だ。「ザ・マミー」を観るなら「ハムナプトラ」を観ることをおすすめしたい。両方観て、比較するのもまたいいだろうと思う。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大