心がほっこりする最高傑作映画『ファミリーツリー』


「ファミリー・ツリー」予告編映像

スポンサーリンク

【作品情報】

2011年アメリカ映画。
2007年に発表されたカウイ・ハート・ヘミングスによる小説を原作として『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督と、『オーシャンズ』シリーズのジョージ・クルーニーがタッグを組んだ感動作。ハワイを舞台に、家族崩壊の危機に直面したある一家の再生のドラマをユーモアを交えて映し出す。クルーニーが父親役で新境地を開拓し、シャイリーン・ウッドリーとアマラ・ミラーという期待の若手女優たちが彼の娘を好演。独特のハワイ文化を背景に、さまざまな要素が入り混じったドラマが共感を呼ぶ。アカデミー脚本賞受賞。

【あらすじ】

マット(ジョージ・クルーニー)は、妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、妻がボートの事故に遭い、そのまま昏睡状態となってしまう。それをきっかけに、妻が彼と離婚するつもりだったことや、そのことを長女(シャイリーン・ウッドリー)だけでなく友人たちも知っていたことが判明しショックを受ける・・・。

感想・評価

「ファミリーツリー」は家族のきずなを描いた、ほのぼの系映画の傑作です。

結構深刻なテーマを取り扱っているのですが、コメディ要素たっぷりなので、深刻さは全く感じさせません。愛するキャラクターたちによる、ドタバタコメディ人間ドラマと言ってもいいんじゃないかと思います。

しかしただのコメディでは、勿論ないです。

愛とは、家族とはをふか~く考えさせる素晴らしい映画なのです。心に残る名作であることに間違いありません。

私はこの映画が大好きです。マイベスト10くらいに入るかもしれません。本当に愛すべき家族の姿がここにあります。

この家族は、現代社会の家族を象徴している家族でした。みんなばらばらに生きていて、お互いの本当の姿をよく理解していなかったのです。

しかし、妻の昏睡をきっかけに、父が奮闘し、家族のきずなを取り戻していく。そんな様を描いた映画です。ありきたりな話に感じるかもしれませんが、脚本が素晴らしいので観る人を飽きさせません。

なにしろ各キャラクターがほんとに魅力たっぷりで、観ていてとってもほくほくしちゃいます。個人的には、長女役のシャイリーン・ウッドリーがとってもキュート!ジョージクルーニーは、彼女を養子に迎えたいと言ってるみたいです。そのくらい魅力的な女の子です。

「ファミリーツリー」は、本当にあなたに色々と考えさせてくれる映画でしょう。
心に残る素晴らしい映画だと思います。大好きな1本です。
是非家族と一緒にみてくださいと強くおすすめできる映画です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする