「イルマーレ」ネタバレ感想 君の名はに似ている?SFチックな純愛映画


映画『イルマーレ』予告編映像

スポンサーリンク

『イルマーレ』作品情報

2006年アメリカ映画(原題:The Lake House)。
同名の韓国映画「時越愛」をキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの主演でリメイクした純愛ラブストーリー。二人は『スピード』以来の再共演を果たした。監督はアレハンドロ・アグレスティ。

『イルマーレ』あらすじ

2006年、独身女性医師ケイト(サンドラ・ブロック)はシカゴの病院で働くことになったため、彼女が住む湖岸に立つ一軒家からシカゴ市内に引っ越すことになった。郵便ボックスに次の住人へのメッセージを残した彼女は、後日返事を受け取ったが、それはなんと2004年を生きる建築家の青年アレックス(キアヌ・リーヴス)からの手紙だった。

『イルマーレ』ネタバレ感想

「イルマーレ」は韓国映画のリメイクですが、そっちのほうは観ていません。

それよりもこの映画『君の名は。』に似ていると評判です。「イルマーレ」のほうが勿論随分前の映画なのですが、時空を超えた設定が似ていますよね。

オリジナルがどんな出来か気になりますが、この映画に関していえばとても良い映画です。大人のタイムトラベル・ラブストーリーとでもいうのでしょうか。

SFチックな設定が変にならずに、リアリティと見事に調和がとれていると思いました。

会いたい、でも会えないもどかしさというのは、現実と変わらないので。
なかなか渋い大人のラブストーリーに仕上がっております。

違う時間に住む男女が文通を通して惹かれ合うなんて、なんともロマンチックです☆そして、きちんと最後には出会えるところが最高じゃないですか。

キアヌ・リーブスはやっぱりカッコイイ!ですよね。

演技はイマイチですが、影のある悲しげな独特の雰囲気や純朴で暖かい感じは、彼にしかだせないものがあります。やはり存在感はすごいですよね。彼はほんとに優しい人間だと思います。演技にも彼の人柄っていうのは、にじみ出てくると思うんです。

映画の中で、一生懸命手紙でサンドラに語っているシーンなんかみると、キアヌっぽいなと思います。実生活では、彼はなかなかに辛い人生を送っているので、映画の中くらいは幸せになってほしいものです。

サンドラ・ブロックは昔は大好きな女優さんでした。明るくて活発な印象で、すっごくキュートだったんですよー!なんだろ、大学時代チアガールやっていてみんなの人気者でした!っていう雰囲気でした。

映画「イルマーレ」では、二人とも久しぶりの共演ということで、どうなるかなって思ったんですが、大人のラブストーリーを見事に演じています。安心してみれました。

ラストシーンは、鳥肌が立ちました。運命を変えて、二人は最後に出会うんですね。

キアヌが現れた時の、サンドラブロックの安堵感と喜びを抑えられない笑顔。とても素敵なラストでした。ああ、ほんとに良かったな、この二人。って思いました。

「イルマーレ」はちょっと泣きたくて、そしてハッピーになりたい気分の時におすすめの映画です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします