『レオン』今も色あせないアクションの名作


「レオン」劇場予告動画

スポンサーリンク

作品情報

1994年フランス・アメリカ合作映画。
リュック・ベッソンの名を一躍世界に轟かせたバイオレンス・アクション映画。ある事件をきっかけに孤児となった少女と殺し屋の愛情を描く。ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマンといった今やビッグスターとなった俳優たちの出演も見どころ。

あらすじ

ニューヨークの片隅に立つアパートに暮らす、寡黙で孤独な男レオン(ジャン・レノ)。その正体はすご腕の殺し屋で、トニー(ダニー・アイエロ)という男の仲介を経て暗殺を行っていた。そんなある日、彼の隣室に暮らす一家をスタンフィールド(ゲイリー・オールドマン)とその部下たちが惨殺する。たまたま外出していた12歳になる一家の娘マチルダ(ナタリー・ポートマン)は、異変を感じてレオンの部屋へ向かって救いを求める。彼女をかくまったレオンは、そのまま一緒に生活を送ることになり…。

感想・ネタバレあり

映画「レオン」を好きな人はとても多い。映画好きではなくても「レオン」を好きだという人は多い。何故ここまで「レオン」は人々に愛される映画になったのだろう。

ストーリーはとても単純だ。

たまたまアパートの隣室に住んでいた一家が皆殺しにされ、そこの娘マチルダを匿い一緒に住むことになるレオン。孤独なレオンとマチルダは奇妙な同居生活の末、家族のような愛情を互いに抱くことになる。

そんな折、マチルダの家族を殺したスターフィールドに見つかり、報復され、最後はともに爆死する。ひとり取り残されたマチルダだが、強く生きることを決意する。

簡単に表すとこんな映画だ。結構、単純なのだ。

そしてバッドエンドだ。救いようがないといえば、救いようがない。
レオンは死に、マチルダはまた一人になってしまった。
しかし何故か観終わったあと、希望を胸に抱かせてくれるから不思議だ。
それは多分、マチルダの力強さに人々が魅了されるからだろうと思う。
彼女ならひとりでもきっと大丈夫だ、と。

ナタリー・ポートマンはこの時、まだ13歳。
とても13歳とは信じられないような強烈なインパクトを残した。
彼女の演技には本当に度肝を抜かれた。
みなが彼女を天才だと思った。
「レオン」によって一躍スターダムにのし上がった。
そして、現在も活躍する素晴らしい女優に成長している。

めちゃくちゃ渋くて素敵だったジャン・レノは今や日本のCMでドラえもんを演じている。もはや日本の若者にとっては「レオン」の人ではなく、ドラえもんであろう。

こうして時は過ぎていくが、「レオン」という映画が人々の心に今も残り、色褪せない映画であることは、映画を観ればわかるだろう。「レオン」を見たことがない人は絶対に観るべきだと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする