「ゴーン・ガール」驚愕のラストが待ち受ける!

「ゴーン・ガール」驚愕のラストが待ち受ける!


【作品情報】

2014年アメリカ映画。アメリカの作家ギリアン・フリンのベストセラー小説をベースに、理想の夫婦が抱えるミステリアスな秘密を暴くサスペンス。監督は『ソーシャル・ネットワーク』の鬼才デヴィッド・フィンチャー。主演はベン・アフレック、妻役には『アウトロー』などのロザムンド・パイクがふんする。

【あらすじ】

ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は傍からみると誰もがうらやむ夫婦。しかし結婚5周年の記念日に突然エイミーが失踪してしまう。この事件がメディアによって取り上げられ、報道は日々過激さを増していく。次第とニックは警察に嫌疑を掛けられ、世間はエイミー殺害疑惑の目を彼に向けはじめる…。

この映画はっきりいって恐いです。精神的にくる怖さがあります。
でもグロいという感じではなくて、夫婦間にあるリアリティの怖さです。
しかし、めちゃくちゃに面白いです。
ミステリーとしては、完成度がとても高い作品になっております。
なかなか刺激的で衝撃的な映画でした。
この映画をみると、夫も妻もお互いに嘘ばかりついていて、憎しみあっている。
そんなイメージがつきまといます。カップルでは観ないことをおすすめします。笑

物語は、妻の失踪という衝撃的な展開からはじまります。
いきなり物語に強く惹き込まれていきます。
ミステリーを描かせたらピカイチのデヴィッド・フィンチャーですから、
その進行のうまさは文句のつけようがありません。

失踪した妻のエイミーは世間では少し知れた有名人なので、報道は日々過激さを増します。また、夫のニックが不倫をしていたという秘密を抱えているので、言動が不可解で、それが余計に怪しまれる原因となるのでした。
世間は夫のニックが妻を殺したんじゃないかと疑いの目を向けます。
また、警察もニックをマークし追い込まれていきます。
しかし、物語には大どんでん返しが待っています。

世間を壮大に巻き込みましたが、これは夫婦の闘いだったのです。
2人の関係に世間が巻き込まれてしまった感じです。
そこが面白いところだと思います。
夫婦の現実をいやというほど、見せつけられます。
ベン・アフレックとロザムンド・パイクの演技もなかなか良かったです。
目がいつも泳いでいる感じの頼りない夫の演技は上手でした。
たしかにこの夫婦は極端な感じもしますが、世間一般の夫婦にも
通じるところは多々あったのではないでしょうか。
冷えた夫婦仲の人は、共感するところがたくさんあると思います。笑

みなさん奥さんには気を付けてください。
妻は夫が思っている以上に、夫に対して恨みや憎悪を持っているかもしれません。
そして、奥様を大切にしましょうね!

「ゴーン・ガール」予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大