「ボーダー」デニーロとパチーノ本当の共演!

「ボーダー」デニーロとパチーノ本当の共演!


【作品情報】

2008年アメリカ映画。(原題:Righteous Kill)
ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノが『ヒート』以来の共演を果たしたクライムサスペンス映画。連続殺人犯を追うベテラン刑事二人の奮闘を描く。監督ジョン・アヴネット、共演カーティス・”50セント”・ジャクソン、カーラ・グギノ、ジョン・レグイザモ。

【あらすじ】

20年以上コンビを組み、固いきずなで結ばれたニューヨーク市警のベテラン刑事、ターク(ロバート・デ・ニーロ)とルースター(アル・パチーノ)。あるとき、犯罪者ばかりをねらった連続殺人事件が発生し捜査を進めていくと、状況証拠などがタークの犯行を示していた。二人は汚名を晴らすべく捜査にのめり込むが、彼らの人生を変える衝撃の真実が待ち受けていた…。

「ボーダー」は、ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノの2大スター共演の映画です。この映画の存在を私は全く知りませんでした。映画ファンを自称して知らなかったのは申し訳ないです。

知らなかったということは、残念な映画なんだろうな、と観る前に思いました。この二人の共演は滅多にないので、ファンには楽しみな作品だったはずです。しかし予想は見事に的中し、残念極まりない映画でした。最初の数分で、観るのを止めようと思ったくらいです。批評家たちにも散々な酷評を喰らったようです。まあ、そうでしょう。ひどい映画でした。

超魅力的なデ・ニーロとパチーノが出ていたとしても、こんな映画になってしまうとは、やはり映画というものは監督ありきなんですねえ。素材がいくら良くても、コックの腕が良くないと、まずい料理になってしまう。それがよく理解できる映画です。

この2大スターをこんなもったいない使い方なぜしたのでしょう。
そして二人は何故こんな酷い映画に出演してしまったのでしょう。
お金でしょうか?脚本が良かったのか?
本当に残念で残念で仕方ありません。
2人の共演ならもっと良い映画に出てほしかった。
長年映画界に身を置いた二人が、それを予期できなかったのがとても残念です。

脚本だけ見れば期待できる内容だったのかも知れません。
長年コンビを組んできた2人のベテラン刑事。
悪人だけを殺す連続殺人犯。
その事件を追う中で、タークの自供のビデオ映像が挿入される。
本当にタークが犯人なのか?
他の刑事にもタークが連続殺人犯だと疑われながら、
物語はあっと驚く展開へ。

んー、面白いかこれ?脚本段階でさえ、どう見てもB級だろう。
何故二人は出演を承諾したのだろう。
そっちの方がよっぽど謎です。
映画史にその名を刻むロバート・デ・ニーロとアル・パチーノの壮大な無駄使い。ただそれだけの映画でした。

『ボーダー』予告編動画

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大