「ゼロ・グラビティ」無重力空間を体感せよ!


『ゼロ・グラビティ』予告編映像

スポンサーリンク

作品情報

2013年アメリカ。宇宙を舞台にしたSFサスペンス映画。『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のアルフォンソ・キュアロン監督。主演サンドラ・ブロック、共演ジョージ・クルーニー。撮影エマニュエル・ルベツキ。第86回アカデミー監督賞、撮影賞受賞。リアルな宇宙空間を創造したVFXが必見。

あらすじ

メディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)は、マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)らと共に宇宙で初ミッションを遂行していた。が、宇宙ゴミが突如出現し、ライアンたちの乗るスペースシャトルに衝突。シャトルが大破するという想定外の事故により、ライアンたちは漆黒の無重力空間へと放り出される。残された酸素もわずかしかない絶望的な状況で、彼女は懸命に生還する方法を探っていく…。

感想・レビュー

この映画、すごいの一言。90分間、息もつかせぬ展開にハラハラドキドキの連続。
しかも舞台は宇宙。地球から600キロ離れた漆黒の空間。

初めは淡々と宇宙飛行士たちが修理作業をするシーンからはじまります。空気がプシューとでる機械を操作しながら、身体の向きを変えたり移動したりします。

しかし、突然!宇宙ゴミが猛烈な速さでスペースシャトルに迫ってきて衝突!

このシーンのなんと圧巻なこと。次々とシャトルが破壊されていき、宇宙飛行士たちは投げ出されていきます。なんとも恐ろしい。宇宙空間に投げ出されてしまうなんて。

そこからはもう、必死のサバイバルゲーム。見てるこっちもパニックになりそうです。

宇宙空間に身体が放り出されて、ずっとクルクルクルクル回っています。
なんとかして体勢を立て直し、ライアン博士はコワルスキーと通信を取り合いながら、生きる道を探していきます。宇宙空間での漂流ほど、怖ろしいことはないでしょう。

VFX技術で作られた宇宙空間なのですが、全く本物の宇宙です。
ふわふわと漂う無重力空間はどうやって撮影したのでしょうか。
サンドラ・ブロックたちが本当に宇宙に漂っているような自然な感じです。
撮影はかの有名なアカデミー撮影賞を3度も取っている天才エマニュエル・ルベツキ。

そしてサンドラ・ブロックの新たな魅力を再発見できる映画だとも思います。
終始下着姿でセクシーかつ、鍛えられた肉体美を披露しています。
パンツ姿で必死に生きる彼女を見て、サンドラ・ブロック可愛いなと思いました。笑

しかし宇宙から見る地球は、本当に綺麗ですよ。
この映画はできれば大画面で見たいですね。

でも、大画面でみなくて充分楽しめる映画なので大丈夫です!
無重力空間を体感してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする