『ライフ』真田広之出演の異色SFスリラー

『ライフ』真田広之出演の異色SFスリラー


映画「ライフ Life」予告編

スポンサーリンク
レクタングル大

【作品情報】

2017年アメリカ映画。(原題:Life)
地球外生命体を調査していた6人の宇宙飛行士が密室の宇宙ステーションで直面する恐怖を描いたSFスリラー映画。「デッドプール」のレット・リース&ポール・ワーニックの脚本を「デンジャラス・ラン」のダニエル・エスピノーサが監督。出演にジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、真田広之など豪華キャストが並ぶ。

【あらすじ】

国際宇宙ステーション(ISS)のクルーは火星探査機の回収に成功した。探査機が持ち帰ったサンプルを分析した結果、地球外生命体の存在を示すものであることが判明した。喜びに沸くクルーだったが、実験の過程でサンプルが知性を持つようになったことが判明する。急速に成長するサンプルによってISSに閉じ込められたクルーは、地球を守るために孤立無援の状況下で戦うことになる。

【感想・ネタバレなし】

「ライフ」は壮大な宇宙空間と密室の宇宙ステーションの対比が皮肉な異色SF作品である。果てのない広大な宇宙にいるはずなのに、事件が起きるのはごく狭い空間。はじめは美しい宇宙の映画だと思ったのだけど、全然違った。急に事が起こるので、びっくりすること間違いなし。

火星から持ち帰ったサンプルである「あいつ」は、突然恐ろしい動きをして宇宙飛行士たちを大いに悩ます。ハラハラドキドキして大変面白い作品であった。ジェイク・ギレンホールが出ているので、もっと真面目な哲学的作品だと思ったのだけど。一言でいうと、ただひたすらエイリアンと戦う映画です。その可笑しさも楽しめる。

真田広之の台詞はあまり多くなかった。無口な日本人。かなり似合っている。
掴みどころのないキャラだが、感情表現の乏しい日本人らしい役だ。
真田広之ってこういう役多くないですか。
なんかぼそぼそ話すような感じの。彼の演技がいつもそうなのだろうか。
彼の作品はあまり見てないので分からないけど。
流暢に英語を話す真田広之なんて見たことない。

この映画を観て思い出したのは「遊星からの物体X」。あれもかなり面白いSF映画だった。
カルト的人気を誇るSF映画だ。

それにしても「あいつ」はキモチワルイ。ただの単細胞だったはずなのに。
知性があるので非常に厄介で、変な動きをして強くて、どうしようもない。

あんなのが地球に来たら、まじで人類全滅しそうである。
あれ一匹にやられそうだ。
どうやってやっつけよう。そんなことばかり考えてしまった。

火星で拾った「あいつ」の動きを見るだけでも、楽しめると思う。
また、「あいつ」への対処方法があったら是非、宇宙ステーションの乗組員に伝えて欲しい。
全く緊急事態だ。地球の危機である。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大