「エクスマキナ」新しい時代のAI映画

「エクスマキナ」新しい時代のAI映画


【作品情報】

2015年イギリス映画。(原題:Ex Machina)
『28日後…』の脚本家アレックス・ガーランドが初監督を務め、人間と人工知能が繰り広げる駆け引きを描くSFスリラー映画。アカデミー視覚効果賞を受賞。出演は「リリーのすべて」のオスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、共演ドーナル・グリーソン、オスカー・アイザック、ソノヤ・ミズノ。

【あらすじ】

検索エンジン世界最大手のブルーブック社に勤めるプログラマーのケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、ほとんど人前に姿を見せない社長のネイサン(オスカー・アイザック)が所有する山荘に招かれる。人里離れた山間の別荘を訪ねると、女性型ロボットのエヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)が姿を現す。そこでケイレブは、エヴァに搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能の実験に手を貸すことになるが…。

「エクスマキナ」は近未来のAIを描くありきたりなSF映画なんだろうなと思い、敬遠していました。AI映画と言えば、スピルバーグのすごく退屈な映画「A.I.」の印象が強かったのかもしれません。見たいという気持ちに、しばらくなれなかった。

しかし、フタを開けてみればどうでしょう。めっちゃ面白かったです!こんな映画だったんだあ、という新鮮な驚きがあって、すごく楽しませてくれました。

舞台は山奥の別荘という限られた閉鎖的な空間で進行します。大自然の中にある近代的な建物という対比が、不気味さをより一層助長します。そんな中で暮らすブルーブック社の社長もまた、変質者のようなあやうい雰囲気がぷんぷんします。天才で大富豪で変人。

プログラマーのケイレブは怪しみながらも、極秘に作られた女性型AIロボット・エヴァの完成度を試すテストを手伝うことに興奮します。エヴァは人間の女性の顔を持ち、身体はスケルトン。美しくて不気味。さすがアカデミー視覚効果賞を受賞しただけあってエヴァの奇妙な美しさに目が釘付けになってしまいました。

アリシア・ヴィキャンデルは本当にロボットのように見えたし、でも人間でもあるような。とても不思議な生き物だな、という感覚です。

そんなエヴァに徐々に惹かれるケイレブ。というありきたりな展開ですが、勿論それだけで終わるような映画ではありません。

それとアジア人型のロボットを演じたソノヤ・ミズノさんも美しかったです。日系のイギリス人女優さんです。「ララランド」やユニクロのCMにも出演されていますね。大胆なヌードを披露されておりました。

この映画を最後まで観た感想を言うと、やはりAIは恐いという印象を受けます。圧倒的な知能を持つAIが、人を騙す能力を身に着けたら、鬼に金棒。良心がある分、人はあっという間に騙されてしまうと思う。もしAIに良心をプログラミングしたとしても、AIに理解できるだろうか。

この先の未来を暗示しているような、すこしゾッとする映画でした。
SF映画の秀作であることは間違いないので、是非ご覧になってほしいと思います。

「エクスマキナ」予告編動画

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大