「パッセンジャー/PASSENGERS」映画レビュー

「パッセンジャー/PASSENGERS」映画レビュー


【作品情報】

2016年アメリカ映画。
「世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンスと「ジュラシック・ワールド」のクリス・プラットが主演を務め、宇宙船内で極限状態に置かれた男女の愛と運命を描いたSF大作。「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のモルテン・ティルドゥムが監督。

【あらすじ】

20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アバロン号が、新たなる居住地を目指して地球を出発した。乗客たちは目的地の惑星に到着するまでの120年の間、冬眠装置で眠り続けていたが、エンジニアのジムだけが、何故か90年も早く目覚めてしまう。絶望的な状況の中で生き残る方法を模索するうち、ジムはある行動に出る…。

「パッセンジャー」はSF大作ですが、登場人物はほぼ二人です。
ほとんどの時間、二人を中心に物語は進行していきます。
しかし飽きさせない展開でなかなかおもしろかったと思います。
こういう閉鎖された空間という設定は個人的に好きです。
新たな移住惑星を求めて、宇宙船の乗客たちは120年の旅に出ます。
しかし冬眠装置の故障によって、主人公のジムはなんと90年も皆より早く目覚めてしまいます。
なんていう恐ろしいことでしょう。
残りの90年、一人で過ごさなければなりません。圧倒的な孤独。
ジムは何とかこの状況を打開しようと、あの手この手を試しますが、
ただ月日だけが、過ぎていく。
1年以上が経過したある日、ジムはある美しい女性の存在に気付きます。
美しい女性は冬眠装置の中で、ぐっすりと眠りについている。
何度も彼女を見るうちに、ジムはすっかり恋に落ちてしまう。
そして、苦慮したあげくついにやってはいけない行動にでてしまう。
そう、彼女を起こしてしまいます。

あなたが同じ状況でしたら、どうするでしょうか?
私でしたら、ジムと同じ行動を取るでしょう。というか、取ります。
最悪な決断ですが、むしろほとんどの人が同じことをすると思います。
いや、でも、一人だけを起こすのはあんまり可哀想だから、全員を起こすかもしれません。そして皆で知恵をだしあって解決策を探すのです。それが一番いい。
なんてことを観終わって20分くらい考えた映画でした。

でもそれだけです。映画としての評価は40点くらいです。
ラストを何とかしてほしかったです。
解決策がみつかって、新しい惑星にいける。そういう展開でも良かったと思います。最後は、ふーーん。という終わり方でしたので。
どうせ映画なんだから、馬鹿みたいにハッピーエンドでもいいのです。
阿波踊り踊ってもいいくらいです。
「パッセンジャー」はSF大作なのに、こじんまりとした印象を受けた
およそ大作らしくない映画でした。

『パッセンジャー』予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大