「ラ・ラ・ランド/LA LA LAND」感想と評価 ミュージカルであってミュージカルじゃない


「ラ・ラ・ランド」予告編映像

スポンサーリンク

『ラ・ラ・ランド』作品情報

2016年アメリカ映画(原題:La La Land)。
「セッション」で一躍注目を集めたデミアン・チャゼルが脚本、監督を務め、売れない女優とジャズピアニストの恋をロマンチックな歌とダンスで描くミュージカル映画。主演はライアン・ゴズリングとエマ・ストーン。第89回アカデミー賞で最多14部門のノミネート。デミアン・チャゼルが監督賞、エマ・ストーンが主演女優賞を手にした。

『ラ・ラ・ランド』あらすじ

オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。

『ラ・ラ・ランド』感想評価

今年度話題のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」を観ました。

先日のアカデミー賞で見事、エマ・ストーンがオスカーを手にしましたね。

目がクリッとした女優さんです。映画のシーンでもあるように、彼女も若い頃は何度もオーディションを受けていたそうです。

スピーチでも謙虚に、「自分はまだまだ学び続けていく途上です」みたいなことを言っていました。エマ・ストーンおめでとう!

それはそうと、自分はミュージカルは嫌いです。

タモリさんもミュージカルは絶対観ないといっていましたが、気持ちが良くわかります。ドラマの途中で突然、踊りだすわ歌いだすわ。ミュージカルを観るにはかなりの心構えが必要だなと思っていました。

しかし「ラ・ラ・ランド」に限って言えば、なかなかいい映画でした。
まず、あまりミュージカルっぽくなかったと思います。

普通のお芝居のシーンの方が長いので、普通の映画として見れました。
ミュージカルシーンは、嫌いな人は飛ばしてもいいと思います。
でも、そんなに苦ではありませんでしたよ。
カラフルな配色が画面を彩り、映画全体がオシャレで綺麗でした。

夢を追う男女の、恋と挫折と栄光のちょっぴり切ない物語。

脚本的にはありきたりですが、適度にミュージカルを絡めることで、新しい映画に出会ったような気分にさせてくれます。

「ラ・ラ・ランド」ってLAの別名のことだそうです。初めて知りました。LA LA LAND。なるほど。

夢を追っている人たちには、結構励まされる内容なのではないでしょうか。簡単なハッピーエンドではないところがまた、切なくて良いと思いました。

最後に2人がもし違う選択をしたら、という妄想ミュージカルシーンがあるのですが、妄想をミュージカルに乗せたのは、上手な使い方をしたなと思います。ラストを盛り上げていましたね。

どうしても見るべき映画、とはいきませんが、ちょっとウキウキしたい時なんか観るにはピッタリの映画ですね。「ラ・ラ・ランド」を観れば何かパワーをもらえると思いますよ!

『セッション』予告編動画 作品情報 2014年アメリカ映画。(原題: Whiplash) 新鋭デミアン・チャゼル監督・脚本によるジ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事