『はじまりのうた』ネタバレ感想と曲一覧 ラストの解説も!


映画『はじまりのうた』の感想とラストの解説をします(ネタバレ含む)。
映画の挿入曲一覧は感想の下にあります。
曲を視聴できますので、キーラ・ナイトレイの美声をご堪能ください。

スポンサーリンク

作品情報

2013年アメリカ映画(原題:Begin Again)
『ONCE ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督が、音楽をテーマに男女の恋愛を描いた音楽映画。主演のキーラ・ナイトレイがその美声を披露するほか、マルーン5のアダム・レヴィーンが映画初出演。共演にマーク・ラファロ、ヘイリー・スタインフェルド、ジェームズ・コーデン、モス・デフ、シーロー・グリーン、キャサリン・キーナー。

『はじまりのうた』あらすじ

ミュージシャンの恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)と共にイギリスからニューヨークへ越して来たシンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)。彼との楽しい生活が始まるはずだったが、売れっ子ミュージシャンとなったデイヴとの生活はすれ違いを始め、さらに彼の浮気が発覚し家を飛び出す。

グレタを心配する旧友のスティーブは、彼女を励まそうとライブバーのステージで無理やり彼女に歌を歌わせる。たまたまそこに居合わせた音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)は、グレタの曲を気に入り、一緒にアルバムを作ろうとグレタに提案するのだが…。

『はじまりのうた』ネタバレ感想と解説

『はじまりのうた』の感想ですが、この映画もうめちゃくちゃ良いですね。ハンパないっす。ヤバイです。

一応音楽映画というジャンルなんですが、音楽好きとか嫌いとか関係なく観てほしいですね。こんなに音楽を効果的に使っている映画は観たことがないです。音楽ってほんといいなーっていう音楽の力とか素晴らしさを再確認しちゃいます。

とにかく劇中歌が全部良い曲っていう、かつてない映画だと思いますよ。末怖ろしい選曲です。監督と曲の好みがドンピシャ過ぎるのか、単に誰が聞いても良い曲なのか分かんないですけど。

監督のジョン・カーニーが元ミュージシャンで、PVも監督してた人なんで、音楽の見せ方とか撮り方が非常にうまいです。この映画、最初は数館で上映してたのが、口コミで1300館まで公開が広がったみたいですが、わざとやったんじゃないでしょうか。多分そのほうが話題になるし、相当自信があったと思いますよ。ほんとに良い映画なんで。

『はじまりのうた』は音楽だけじゃなくストーリーも勿論良いです。でなきゃ褒めません笑。
下手な脚本家が書くような、プロデューサーと新人女性歌手が安易に結ばれるみたいなベタなストーリーにしてなくて、大人の恋愛をクールに渋く描いています。

グレタ(キーラ・ナイトレイ)とダン(マーク・ラファロ)の微妙な距離感がゾクゾクしますね。お互いの好きな曲を聴きながら、ニューヨークの街を散歩するシーンなんか手を握ってますよ。もうそれ絶対結ばれるだろって思うんですが、そうはならないんですね。でもこの二人結ばれても別に良かったとは思いますけどね。

あとキーラ・ナイトレイが劇中で歌ってますけど全部本人が歌ってます。すごく良い声ですね。しびれます。キーラ・ナイトレイはこんなに歌上手なんだっていう新しい発見もあります。

恋人役のマルーン5のアダム・レヴィーンが歌う「Lost Stars」は名曲すぎて、ほんとに感動しちゃいました。アカデミー歌曲賞にノミネートされるだけはありますね。物語のクライマックスでこれ歌っちゃうんで、絶対観客泣いちゃうでしょ。グレタはデイヴ(アダム・レヴィーン)がアレンジしてたのを嫌がってましたが、このアレンジの方が好きです。

ちなみに「Lost Stars」をはじめ挿入歌の多くは、グレッグ・アレクサンダーという人が作曲してます。

『はじまりのうた』は良い曲ばかりですが、どの曲が一番好きですか?

自分は屋上で歌われている「Tell me if you wanna go home」が一番好きです。最後のギターソロなんて最高です。

この映画は本当に音楽の描き方が上手ですが、それとともにNYの街並みも美しく撮られていて、NYの魅力満載です。まるでニューヨークのPVみたいな出来にもなっています。

さて、物語のラストですが、グレタがポロッと涙を流しながらライブを途中で帰ります。

あれはライブに感動したんじゃなくて、デイブが「Lost Stars」のアレンジを直さなかったからですね。それで言葉じゃなくて、涙で別れを告げました。

グレタの信念として、曲のイメージを損なうリミックスをされるのが嫌いなんですね。それはもう別の曲になってしまうから。自分が作った曲の世界観を壊されたくないわけです。だからレコード会社との契約もしませんでした。ネット配信すればリミックスされないでオリジナルのまま出せますからね。

とにもかくにも、良い音楽は本当に心の琴線に触れますね。音楽は世界の共通語だってことを再認識した映画でした。

以下に、挿入曲の一覧を載せましたので是非お聴きください。キーラ・ナイトレイ版とアダム・レヴィーン版それぞれの「Lost Stars」の聴き比べも楽しいです。



『はじまりのうた』曲一覧

A Step You Can’t Take Back/キーラ・ナイトレイ

Tell me if you wanna go home/キーラ・ナイトレイ

Coming Up Roses/キーラ・ナイトレイ

Like A Fool/キーラ・ナイトレイ

Lost Stars/キーラ・ナイトレイ

A Higher Place/アダム・レヴィーン

Lost Stars/アダム・レヴィーン

「はじまりのうた」DVD

「はじまりのうた」サントラ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします