『SCOOP!』汚れ役に挑んだ福山雅治の新境地!

『SCOOP!』汚れ役に挑んだ福山雅治の新境地!


『SCOOP!』予告

スポンサーリンク
レクタングル大

作品情報

2016年日本映画。
1985年に製作された原田眞人監督の映画「盗写 1/250秒」を原作に、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督が福山雅治を主演に迎えて撮った人間ドラマ。芸能スキャンダルを追う週刊誌カメラマンの生き様を描く。二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキーら豪華キャストが脇を固める。

あらすじ

写真週刊誌「SCOOP!」に所属し、数々のスクープ写真を撮ってきたカメラマンの都城静(福山雅治)。しかし、今ではギャンブルに溺れている上に借金に追われつつ、フリーランスのパパラッチとして生活していた。そんな中、「SCOOP!」に配属されてきた新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とタッグを組むことに。情報屋のチャラ源(リリー・フランキー)からのネタと場数を踏んで培ったベテランならではの勘を武器に次々とスクープをものにする静たちだったが…。

感想・評価

最近、邦画が面白いと感じている今日この頃。素晴らしい作品はまだ見つからないけど、そこそこの作品はあります。

福山雅治の「SCOOP!」なんて期待しないで観ましたが、これがなかなか面白かったです。いい意味で裏切られました。

全体的には軽いノリのままサクサクッと物語が進むし、個々のキャラもきちんと立っていて見飽きなかったというのが正直な感想。

ロバート・キャパに憧れていた男は、いつしか落ちぶれて芸能スキャンダルだけを追う週刊誌のフリーカメラマンに。この都城静という男は、とても下品な男。会話は常に下ネタ満載で、男から見てもお下劣極まりない。

そのパパラッチ役の福山雅治はとても上手でした。都城静というキャラが見事にはまりまくっていて、ダークな福山雅治を存分に見せてくれました。意外とやれば出来るんだなと感心しました。すごく自然でした。

一方、福山の相棒を演じる二階堂ふみですが、うーん、どうなんでしょう。

2人のやり取りは軽妙で面白かったんですが、この子全体的に演技が軽いんですよね。だからクライマックスで、感情移入することが出来ませんでした。

あそこでもう少しグッと締められる女優が欲しかったと個人的には思います。ラストの涙を流すシーンは肝だったので、二階堂ふみじゃなくて、違う人にしたほうが良かったと感じました。

『フランケンシュタインの恋』を観ても感じるのですが、二階堂ふみは軽快なやり取りは上手です。しかし、シリアスなところでグッと視聴者を引き寄せる力をまだ持っていません。そんな女優が日本にいるのかと言われれば困りますが。

日本の女優はもっともっと映画を観て勉強すべきです。勿論映画だけではなく、色々と勉強してください。未熟さは、画面を観れば誤魔化すことはできないのです。世界に通じる素晴らしい女優が出てほしいので、あえて苦言を申します。

また、リリーフランキーですが、狂気を演じさせたらピカイチですね。この人俳優が本職じゃないのに、どの映画でも他の俳優を食っています。

そんな感じで「SCOOP!」は、パパラッチ映画にしては良く出来ていました。

ラストの安易な落としが脚本的に気に入りませんが、そこが邦画の限界なのかもしれません。まあ娯楽作品ですし良しとしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大