あなたは事件の目撃者となる。映画「凶悪」の感想

あなたは事件の目撃者となる。映画「凶悪」の感想


『凶悪』予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

作品情報

2013年日本映画。
ノンフィクションベストセラー小説『凶悪 ある死刑囚の告発』を原作とした犯罪サスペンス。ある死刑囚の告白を受け、身の毛もよだつ事件の顛末を追うジャーナリストが奔走する姿を描く。「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌による初長編監督作。主人公の記者役に山田孝之、共演リリー・フランキー、ピエール瀧、池脇千鶴。

あらすじ

ある日ジャーナリストの藤井(山田孝之)は、死刑囚の須藤(ピエール瀧)が書いた手紙を持って刑務所に面会に訪れる。須藤の話の内容は、自らの余罪を告白すると同時に、仲間内では先生と呼ばれていた全ての事件の首謀者である男(リリー・フランキー)の罪を告発する衝撃的なものだった。藤井は上司の忠告も無視して事件にのめり込み始め…。

感想・評価

「凶悪」は胸クソ悪くなる映画である。実際におきた凶悪殺人事件「上申書殺人事件」を基に、当時の新潮45編集部が事件の全貌を暴いた本が原作だ。

山田孝之演じる記者も実在の記者がモデルとなっており、映画の事件もまんまリアルに起きたものである。だいぶ忠実に描いている故に、観賞が終わった後は、最悪の気分になる映画だ。

しかし、ピエール瀧演じる死刑囚の告白が進むにつれ、観客は心をつかまれて目が離せなくなるだろう。まるでジャーナリストの気分になり、自分も一緒に事件の全貌を解決したいと強く思うようになる。

犯罪ノンフィクション。自分もその場にいて、実際に起きた事件の詳細を目撃するのだ。

山田孝之の演技は、はっきり言って上手ではなかった。ぼそぼそ喋って、感情を抑えようとしている感が見透かされた。モデルとなった記者がこういう感じの人なのだろうか。

普段はほとんど感情を出さない、だるい雰囲気のキャラだが、何故かこの事件に対する情熱だけは人一倍である。山田孝之のこの役柄に対するアプローチがしっかりと定まっていない為、だるいのか、熱意があるのか、よく分からない人間に見えた。ふわふわとした掴めない人間に見えた。

一方、本職の俳優ではないピエール瀧とリリー・フランキーは迫真の演技であった。ピエールなんて本当に凶悪な鬼畜野郎に見えたし、リリー先生も最悪に悪い匂いがぷんぷんとした。またこの映画の醸し出す地方の荒廃した雰囲気も、何か人々の生活の絶望感を演出していた。

お金のために人はここまで極悪になれるのだろうか。答えはNOである。

真っ当な人間は、お金がなければそれに見合った生活をするものだ。この極悪人たちは強欲で利己的で、人の心を持ち合わせない、ただの殺人鬼だ。サイコパスだ。連続殺人犯というのは、脳に構造的な異常がみられるそうだ。例えば、共感・困惑・罪に関連する部分が欠落している。

山田孝之が最後に死刑囚須藤に向かって叫んだ言葉。
「須藤!この世で喜びなんて感じるな!生きている実感なんて感じるな!」
全くの同感である。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大