映画『ギフテッド/Gifted』感想とあらすじ 天才少女の物語!


『ギフテッド』予告動画

スポンサーリンク

作品情報

2017年アメリカ映画。
『500日のサマー』『アメイジング・スパイダーマン』のマーク・ウェブ監督が、「キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ」のクリス・エヴァンスを主演に迎えておくるハートフル人間ドラマ。他キャストにマケナ・グレース、ジェニー・スレイト、リンゼイ・ダンカン、オクタビア・スペンサーなど。

『ギフテッド』あらすじ

母親を亡くした7歳のメアリーは、独身の叔父フランクとフロリダの小さな町でささやかながら幸せな毎日を送っていた。しかし、メアリーに天才的な特別な才能が明らかになることで、静かな日々が揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクのもとに、フランクの母イブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すため2人を引き離そうと画策する。母の画策に抵抗を続けるフランクには、亡き姉から託されたある秘密があった。

『ギフテッド』感想・評価

『ギフテッド/Gifted』は、天才少女の養育権をめぐる骨肉の争いを描いた映画です。というのは少し冗談で、骨肉というか、もっと軽い描き方になっています。『チョコレートドーナツ』や『レインマン』を彷彿とさせる親権争いの映画です。というかほぼ同じです。

『500日のサマー』が好きなので、監督のマーク・ウェブがどんな作品を見せてくれるのか期待したのですが、捻りもなく、ありきたりすぎて残念な内容でした。

「gifted」の意味は、天才のことです。映画で描かれているようにGifted Education(ギフテッド教育)という才能を持った子供への教育があるそうです。

『ギフテッド』の見所は、天才少女役のマケナ・グレース(マッケナ・グレイス)ちゃんの演技がすごく上手なところでしょうか。

アメリカの子役ってなんでこんなに上手なんでしょうね。ほんとにビックリしちゃいます。天才子役ですね。日本の子役も芦田愛菜ちゃんとか少しはマシになってきましたが、むこうの子役にはかないませんね。上手すぎます。

あとフランク役のクリス・エヴァンスですが、『キャプテン・アメリカ』を中心としたヒーロー物によく出る俳優ですね。ヒーロー界では大人気だそうです。自分はチャニング・テイタムにしか見えなかったんですが。でも父親役は様になっていて良かったと思います。

そのマケナ・グレース演じるメアリーが天才少女で、数学者であった母親の才能を引き継いでいるんですね。この母親が自殺してしまって、母親の弟である叔父に引き取られて暮らしてました。

でもある日、叔父フランクの母親、メアリーのおばあちゃんが現れて、彼女を引き取ろうとします。それを拒むフランクとおばあちゃんが裁判で争うという話です。

おばあちゃんはメアリーに英才教育を施したいのですが、叔父のフランクはのびのび普通に育てたいと。親子なのでそんなに憎しみあっているわけじゃないんですが、考えはお互い譲らないので裁判というわけです。

このイブリンお婆ちゃんは、数学の7つの難問「ミレニアム問題」の1つである「ナビエ-ストークス方程式」にすごいこだわりがあるんですね。娘がそれを解けなかったので、今度は孫に解かせたいという感じです。「ナビエ-ストークス方程式」なんて聞いたこともないですよね。でもこの物語のキーになったりします。私なんて数学の方程式みるだけで、頭がパッカーンしちゃいますけどね。

そんなこんなで天才少女メアリーの行く末はどうなるかっていう話なんですが、まあこれを観るなら『レインマン』を見ろと言いたいです。

『ギフテッド』は『レインマン』の下位互換という感じでしょうか。両方観て比較するのもいいかもしれません。名作と比べるのは酷なんですが、同じ構図なのでどうしても小粒感は否めません。評価は60点。

ちなみに、メアリーの飼い猫が片目の猫なんですが、何か意味があるのかなと思ったら、脚本家のトム・フリンが片目の猫を飼っているというそれだけの理由でした。ちゃんちゃん。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします