「スノーデン」感想 驚愕の内容!日本人は絶対観るべき!


映画『スノーデン』 予告編

スポンサーリンク

【作品情報】

2016年アメリカ映画。(原題:SNOWDEN)
「プラトーン」のオリバー・ストーン監督、キーラン・フィッツジェラルド共同脚本によるポリティカルドラマ。元NSA職員エドワード・スノーデンによる全世界を震撼させた暴露事件の詳細が描かれる。スノーデン役に「500日のサマー」のジョゼフ・ゴードン=レヴィット、共演シャイリーン・ウッドリー、メリッサ・レオ、ザカリー・クイント、トム・ウィルキンソン、リス・エヴァンス、ニコラス・ケイジ。

「スノーデン」あらすじ

2013年6月、元CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員エドワード・スノーデンの内部告発により、アメリカ政府がひそかに作り上げた国際的な監視プログラムの存在が明らかになる。そこに至る9年の間、国を愛する平凡な若者はテロリストばかりか民間企業や個人、同盟国までも対象とされ、全世界のメールや携帯電話での通話が監視されている現実に危機感を募らせていた。

「スノーデン」感想・レビュー

名匠オリバー・ストーンが、全世界を騒がせた「スノーデン事件」の真相に迫ったドキュメンタリー風映画。ルーク・ハーディングのノンフィクション本『スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実』及び、アナトリー・クチェレナの本『Time of the Octopus』が原作となっています。

この映画は是非、多くの人に観て欲しいと強くお勧めします。
内容はすごくショッキングです!しかし、この映画を観てあまり怖がらないでください。

アメリカ政府の国際的監視プログラムの衝撃の実態が、分かり易く描かれています。
日本も勿論、監視対象であり、すべての国民が監視されていることがよく分かります。

オリバー・ストーン監督は近年、ハリウッドに嫌われ、メインストリームから外れて映画を撮っています。それは彼が真実を追求する映画を撮り続けているからだと思います。

「スノーデン」と聞くと「ああ、あの暴露した人」と思う人が多いと思いますが、この映画をみて彼への見方が変わりました。

コンピューターの得意な普通のオタク青年であったスノーデンが、CIAに合格し国家のため一生懸命働いていたこと。普通の青年と同じように恋愛し、暮らしていた様が映し出されます。彼は日本の横田基地にも2年ほど住んでいました。

そんな彼が、政府の国際的監視プログラムの不法行為を知り、出世をしながらも徐々に政府への疑念が増すことへの激しい葛藤、動揺、失意など心の軌跡を見事に描き出しています。

そして彼はついに、全世界に「告発」することへと動き出します。

地位やお金や夢、人生のすべてを捨てて、危険な告発を決意した彼の勇気を讃えずにはいられません。

この映画はスノーデンの10年を追った物語というより、普通の青年であったスノーデンの心の旅路の物語です。彼の苦悩が、葛藤が、愛が、信念が、描かれています。

正義のため、危険を顧みず信念を貫いたひとりの若者の人生を、是非この映画で目撃してください。また、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットの素晴らしい演技によって、彼がスノーデン本人にしか見えないところも見所の一つです。

あなたは正義のため、人生を捨てることが出来ますか?その答えは映画の中にあります。

オリバー・ストーン監督インタビュー動画

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします