『T2 トレインスポッティング』感想レビュー 全員勢揃い20年ぶりの続編!


「T2 トレインスポッティング」予告編動画

スポンサーリンク

【作品情報】

2017年イギリス映画。(原題:T2 Trainspotting)
90年代にロングランヒットを記録し社会的現象となったアーヴィン・ウェルシュ原作の「トレインスポッティング」の20年ぶりの続編。キャストも当時のメンバーが全員揃い、監督も1作目同様ダニー・ボイルが務める。出演ユアン・マクレガー、ロバート・カーライル、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー。

『T2 トレインスポッティング』あらすじ

かつて仲間たちを裏切って大金を持ち逃げしたマーク・レントンは、逃亡先のオランダから20年ぶりにエディンバラに戻ってきた。実家には年老いた父が一人で暮らしていた。一方、かつての仲間だったスパッド、シック・ボーイ、そしてベグビーは、未だに悲惨な人生を送り続けていた。

『T2 トレインスポッティング』感想・評価

待ちに待った「トレインスポッティング」の続編。もう何年も前から続編がやるという噂がたって、だいぶ待たされたが、ついに公開されました。

ベグビーのロバート・カーライルはかなり老けてしまった印象だが、他のみんなはそんなに変わってない。まあ20年もたっているので、みんなオジサンだけれど。

感想を言うと「トレインスポッティング」であって、「トレインスポッティング」じゃない、
新しい映画だ。

ちょっとサスペンスチックな作りで、当時のようなポップさやカッコよさは感じられなかった。

ブラーやアンダーワールドといったブリットポップ全盛期の曲と映像が最高にクールに感じたあの頃と比べ、残念ながら前作を上回るようなエネルギーは感じられない。普通の映画に成り下がってしまった。

ダニー・ボイルは良作と駄作の差が大きい監督だ。ダメなほうが出てしまった感がある。ファンとしては待ちに待った分、非常に残念な気持ちだろう。

いや、それともこれは大人になった彼らのある意味成熟した映画なのだろうか。

時間が経っても相も変わらず、うだつの上がらない大人たちの咆哮をダニー・ボイルは描きたかったのだろうか。

青春時代ばかりを懐かしむ大人たちには、胸になにか突き刺ささったものがあるかもしれない。

まだ心は若いままなのに、年だけが過ぎてしまった。大人なら誰しも感じる痛み。そんな未熟な大人たちの人生の再起を描いているという事を考えれば、また違った視点で観れるかもしれない。

それにしても、ダイアン役のケリー・マクドナルドが相も変わらず美しかったのが印象的だ。
当時はかなり強烈なインパクトを残したけれど、今作では地味に少しだけ出演しています。

果たして20年の時を経て、彼らは人生に何を見いだしたのだろう。

「トレインスポッティング」を知らない世代も、是非1作目と2作目を見比べてほしいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします