「トレーニング・デイ」一線を越えた先に見えたものは。

「トレーニング・デイ」一線を越えた先に見えたものは。


【作品情報】

2001年アメリカ映画。(原題:Training Day)
ロス市警の新人刑事のトレーニングデイ(訓練日)を描いたサスペンスドラマ。監督は「マグニフィセントセブン」のアントワーン・フークア。主演のデンゼル・ワシントンは2001年のアカデミー主演男優賞を受賞。共演イーサン・ホーク、スコット・グレン、エヴァ・メンデスほか。

【あらすじ】

ロス市警(LAPD)の麻薬取締課に配属された新人刑事ジェイク(イーサン・ホーク)は、ベテラン捜査官アロンゾ(デンゼル・ワシントン)と組むことになったのだが、「狼を倒せるのは狼だけ」=悪を倒すには悪になる必要があるというアロンゾに、正義感の強いジェイクは次第に不信感を募らせていく。一方アロンゾにはある計画があった。

「トレーニング・デイ」はよくあるバディものとは一線を画す映画です。バディものだと大抵、最初は反発し合いながら最後にはお互いを受け入れる。みたいな構図が多いのですが、この映画は、そんな生易しいものではありません。“悪徳刑事”と“正義の刑事”の対立が最後まで続きます。

始めは、アロンゾ刑事のやり方に新人刑事のジェイクは戸惑いを見せつつ、こういうものなのかと自分を納得させます。しかし流されるがまま、どんどん犯罪に巻き込まれていく。途中までは、どうなるんだろうとドキドキしながら見れますが、ラストはスッキリしない酷い終わり方です。

結局アロンゾはとんでもない悪徳刑事で、最後まで悪徳のまま。
ジェイクは正義を貫く刑事に見えますが、アロンゾが悪人すぎるので、ただ当たり前に反発するだけです。何が正義で何が悪なのか、という映画としての深い考察は一切ありません。

アロンゾは昔の自分もジェイクのように正義感にあふれていた、でも現実は自分のようにしなければやっていけない、と説教をしますが、ただのこじつけであり、共感できる所は全くありません。

この映画から何かを得られるということは全くないと言っていいでしょう。ただエンタメものとしては充分観るに堪える作品なので、それなりに楽しめます。それ以外に言うことはない映画です。

よくロス市警は映画の題材になりますが、実際こんなにひどいものなのでしょうか。汚職警官が当たり前にいて、トップまで汚れている。こんな世界にいたら、命を危険にさらしてまで正義のために職務を尽くすのは馬鹿らしくなりますよね。さすがにアロンゾのような悪徳刑事はそうそういないと思いますが。

「トレーニング・デイ」は題材が面白いので、もっと作り込めば良い映画になったと思います。そういう意味で色々と残念な映画ではあります。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大