「マシンガン・プリーチャー」銃をぶっぱなす牧師の壮絶な戦い

「マシンガン・プリーチャー」銃をぶっぱなす牧師の壮絶な戦い


【作品情報】

2011年アメリカ映画。
元麻薬密売人から牧師になった実在の人物サム・チルダースの半生を描いたドラマ。「ワールド・ウォーZ」のマーク・フォースターが監督。主演は「300<スリーハンドレッド>」のジェラルド・バトラー。共演ミシェル・モナハン、キャシー・ベイカー、マイケル・シャノン。

【あらすじ】

酒と麻薬におぼれ、犯罪を繰り返してきたサム・チルダース(ジェラルド・バトラー)は、自分が起こしたある事件に対して自責の念に駆られ、信仰と家族のために生きることを誓う。数年後、教会で牧師からウガンダの話を聞いて興味を持ったサムは、現地へボランティアに向かうことにする。そこで彼が見たのは、武装ゲリラ「神の抵抗軍」の恐怖にさらされる子どもたちだった。

「マシンガン・プリーチャー」は現在も南スーダンの子供たちを助けるために活動する牧師サム・チルダースを描いています。題名にあるとおり、本当にマシンガンを持って戦う牧師です。

映画の出来としては、どうってことありません。サムの半生をそのまま追っているだけです。ただ、南スーダンの悲惨な状況を勉強するという意味で大変意義深い映画です。またマシンガンを撃ちまくるランボーのような牧師が実際にいるというから驚愕します。ですので、勉強のために観ることをおすすめしたいと思います。

神の抵抗軍(LRA)は、スーダン等で活動する反政府組織で、子供たちを拉致し少年兵としたり、性的奴隷にしたりする等、非人道的な行いをしていました。

ある機会によってサムはボランティアとしてスーダンに行き、その悲惨な現状を目の当たりにした時、居ても立っても居られなくなり、危険な地域に孤児院を建てることを決意します。

そこはLRAが活動する非常に危険な地域なので、当然LRAの兵士たちが子供達をさらいに孤児院を襲撃してきます。サムはスーダン人民解放軍のデンらと共に、孤児院を守るため、銃を持ち傭兵のように戦います。時には反撃するため敵を待ち伏せたり、追いかけたりして積極的に戦闘を展開していく、なかなか恐ろしい牧師です。筋骨隆々のジェラルド・バトラーは傭兵そのものでした。

サム・チルダースは、元麻薬密売人で犯罪にまみれた生活を送っていた人です。ある事件をきっかけに改心し牧師となります。彼は正義を愛する心は人一倍強いのですが、彼自身が元来持つ、暴力的な側面も持ち合わせています。実際に彼を知る周りの人々も、サムには二面性があることを認めています。しかしそれが人間というものです。

子供たちを守るため手段を択ばないサムの手法は、批判にもさらされていました。しかし彼が銃をもたず戦うことを拒否していたら、どうなっていたのでしょう。1000人以上の子供たちは、勿論犠牲になっていたと思います。

何が正義なのか?この問いをこの映画は投げかけてきます。私にはどちらが正しいのか分かりません。それは一人一人が考えることだと思います。

最後に、家族を目の前で殺された少年が語った「心を憎しみで満たすことは奴らの勝ち」という言葉が胸に突き刺さりました。

そしてサム・チルダースは、現在もスーダンで戦っています。

映画「マシンガン・プリーチャー」予告編

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大