映画「25時/25th hour」感想レビュー

映画「25時/25th hour」感想レビュー


作品情報

2002年アメリカ映画。
作家デイヴィッド・ベニオフのの小説『25時』を「ドゥ・ザ・ライト・シング」のスパイク・リー監督が映像化したヒューマンドラマ。ベニオフ自ら脚本を担当。25時間後に懲役7年の刑で収監されることが決まっているひとりの男が、後悔と絶望感を抱え過ごす24時間の心の旅を情感を込め繊細に綴る。主演は「アメリカン・ヒストリーX」「ファイト・クラブ」のエドワード・ノートン。共演はフィリップ・シーモア・ホフマン、バリー・ペッパー、ロザリオ・ドーソンなど。

【あらすじ】

ニューヨーク。かつて瀕死の状態から助けた犬と共に公園のベンチに佇む男モンティ・ブローガン。ドラッグ・ディーラーだった彼は、何者かの密告で麻薬捜査局に逮捕され、保釈中の身だった。そして、25時間後には7年の服役のために収監される。彼は、馴染みの店で最後の夜を明かそうと2人の親友、高校教師のジェイコブと株式ブローカーのフランクに声を掛ける。また、アパートでは恋人ナチュレルが待っていたが、モンティは彼女が密告者ではないかと疑っていた。やりきれない思いを抱えたまま、モンティのシャバでの最後の夜が始まろうとしていた・・・。

「25時」を知らない人は是非見ておいたほうがいいでしょう。
隠れた秀作映画です。いや別に隠れてはいないんですが、有名映画ですね。
刑務所に収監される男の最後の24時間を描いた話なんですが、たったそれだけなのに、
この映画には変な魅力があるのです。。言葉ではなかなか表現できません。
スパイクリーの演出が素晴らしいからでしょうか。
たぶん10回くらい観ていると思います。
グラウンドゼロ。911直後のニューヨークの風景と心情、もの悲しさも交えています。

俳優たちも素晴らしい。演技力に引き込まれてしまいました。
フィリップ・シーモア・ホフマンはこの映画で飛躍的に人気俳優になったんじゃないかな。
高校の教師役なんですが、演技がうますぎますね。
今となっては、彼の演技が見れないのはとても残念で仕方がありません。
エドワード・ノートンは言わずもがな。悲哀な男を演じています。
バリー・ペッパーもストックブローカーの友人役をクールに演じています。
プライベートライアンの狙撃手役で有名ですが、なかなか魅力的だと思います。

モンティは明日には刑務所にいかなければなりません。
そして自分の人生を振り返ります。
NYの街に、人々に悪態をつくのです。
しかし荒れを恨んでももう遅い。この結果を招いたのは結局は、彼自身なのでした。

この映画は、NYに住むそれぞれの立場の人間の、それぞれの人生、葛藤、悩みが
集約されて見事に描き出された傑作だと太鼓判を押したいです。
スパイク・リーの才能が光る至極の一作です。

「25時」予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大