映画「ザ・タウン」ベン・アフレックが描くクライムドラマの傑作


「ザ・タウン」予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

作品情報

2010年アメリカ映画。(原題:The Town)
チャック・ホーガンの小説『強盗こそ、われらが宿命』を原作とし、ベン・アフレックが監督・主演を務めた犯罪映画。ボストンの北東部の街チャールズタウンを舞台に犯罪一味の生きざまを描く。共演ジェレミー・レナー、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、クリス・クーパー。

あらすじ

綿密な計画を立て、ある銀行を襲撃したプロの銀行強盗一味のリーダー、ダグ(ベン・アフレック)は、思わぬ事態から支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質に。その後クレアは無事解放されるが、強盗たちの影におびえる日々を過ごす。そんな中、彼女は魅力的な男性に出会うが、その男性こそが自分を人質にしたダグだった。

感想・ネタバレあり

ベン・アフレック監督の「ザ・タウン」です。ベン・アフレックが監督?ということで期待しないで見たのですが、普通に面白かったです。

きちんと撮られていて監督として十分才能を発揮していると思います。監督としては新人なのに、ベテラン監督のような安定感がありました。

またブレイクする前のジェレミー・レナーも出ています。この人は悪い感じが似合っていますね。ジェムという気性の荒い役を演じていますが、ぴったりな役でした。

ボストンの街チャールズタウンは世界一銀行強盗が多い街です。貧しいエリアなんでしょうか。親の強盗家業を子も継ぐという悪循環な環境が一部ではあるようです。

主人公であるダグも親の家業を継いで、強盗として生業を立てています。周りも小さい頃からの悪い仲間たち。しかしダグは密かにここから抜け出したいと思っていた。

ある日、銀行強盗をした銀行の支店長クレアを人質にとり、後に解放します。クレアに惹かれたダグは、自分の素性を隠しクレアに近づきます。クレアと恋に落ちたダグは、ますます新しい人生への想いが募ります。

だけど、周りがそうはしてくれない。ジェムや大元の悪い花屋からの圧力で、再び強盗をしなければならない嵌めに。FBIの捜査の手が迫る中、最後の大強盗を働きます。

物語のラストには、大変満足できました。ダグは花屋にも復讐を果たし、「タウン」からも抜け出し新しい人生を踏み出せた。

ダグも十分悪い奴には変わりないので、ちょっとカッコつけすぎ感もありますが、まあ大目にみましょう。

実際チャールズタウンのような貧しい環境の街は、世界中にあります。

「ザ・タウン」という題名は、特定の街ではなく、普遍的な私たちの街を指しているのではないでしょうか。世界のどこにでもあるよくある街、よくある風景。

彼らのようにどうしようもない環境で呻いている人々にとっては、ダグはひとつの希望を与えたと思います。自分の行動次第で、未来は開けるんだということを。

そんなことを思った映画でした。なかなかの傑作でした。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大