スター勢ぞろいの傑作クライムムービー「悪の法則/The Counselor」

スター勢ぞろいの傑作クライムムービー「悪の法則/The Counselor」


「悪の法則」予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

【作品情報】

2013年アメリカ映画。
巨匠リドリー・スコット監督。小説家のコーマック・マッカーシー脚本による心理サスペンス欲望に駆られて裏社会のビジネスに手を出した弁護士とその仲間たちが、危険な罠にはまり否応なく堕ちて行く姿を描き出す。出演はマイケル・ファスベンダー、ブラッド・ピット、キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデムら豪華キャスト。

【あらすじ】

美しい恋人ローラとの結婚を決意した敏腕弁護士“カウンセラー(マイケル・ファスベンダー)”は、ふとした出来心から闇のビジネスに手を出してしまう。派手な暮らしをする実業家のライナーから、裏社会を渡り歩く仲買人ウェストリーを紹介され、メキシコの麻薬カルテルとの大きな取引に一枚噛むことを決意。ウェストリーからは”危険な相手だ”と警告されたものの、自分は大丈夫とタカを括っていたカウンセラーだったが、思いもよらぬ事件に巻き込まれ、やがて絶体絶命の窮地へと追い込まれる・・・。

【感想・レビュー】

「悪の法則」なかなか凄まじい映画でした。私はこの映画だいぶ好きです。
リドリースコットっていくつになってもいい映画を作りますよね。
すごい監督だと思います。彼の作品はだいたい観ています。

主人公の弁護士さんは、美しい奥さんに高価なダイヤをプレゼントするため、ほんの軽い出来心でメキシコの麻薬カルテルが絡む、やばい闇の取引に手をだしてしまいます。

ブラピ扮する仲介人のウェストリーからは何度も、どんなにやばい相手かということの忠告を受けますが、弁護士さんはよくわかっていないようでした。まあ大丈夫だろうと思ったんでしょう。結果、悲惨な出来事が彼を待ち受けていることになるとは。

この映画は、至るところに、哲学的な台詞がちりばめられています。ちょっと謎解きっぽい作りの映画にはなっております。

ただ、なんのこっちゃよくわかりませんでした。ラストのほうの、主人公の弁護士さんが、ある有力者に電話をしているシーンは、哲学的な説教をされるのですが、あまり的を得ている感じではありませんでした。選択ということは、たしかにその通りだと思いましたが。

また、ラストのキャメロンディアスの食事シーンの会話は、まったく意味がわかりませんでした。何を言いたかったのでしょう。脚本家は自分の言いたいことを書けば良いってものじゃありません。ラストなんだから、もっと納得のいく台詞をいってほしかったですね。

なんにしても、メキシコ麻薬カルテルの恐ろしさがよくわかる大変興味深い映画でした。

豪華キャスト陣もそれぞれいい味だしてます。むこうの俳優は、演技がほんとに上手だと思います。犯罪映画が好きな人には、おすすめします。かなり面白いです。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大