圧巻のノルマンディー上陸がすごい!『プライベート・ライアン』


「プライベート・ライアン」予告編無料動画

スポンサーリンク

作品情報

1998年アメリカ映画。
第二次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦を舞台に、1人の兵士の救出に向かう兵隊たちを描いた戦争映画。監督スティーヴン・スピルバーグ、主演トム・ハンクス、共演マット・デイモン、エドワード・バーンズ、バリー・ペッパー、トム・サイズモア。アカデミー賞11部門にノミネートされた。

あらすじ

1944年6月。ノルマンディ上陸作戦は成功に終わったものの、激戦に次ぐ激戦は多くの死傷者を出していた。そんな中、オマハビーチでの攻防を生き延びたミラー大尉に、落下傘兵ライアン二等兵を戦場から救出せよという命令が下された。彼には3人の兄がいたが、全員が死亡。兄弟全てを戦死させる訳に行かないと考えた軍上層部の決定であった。ミラーは中隊から7人の兵士を選び出し、生死も定かでないライアン二等兵を探すために戦場へと出発するのだが…。

感想・評価

公開当時、その圧倒的にリアルな戦闘シーンが話題を呼んだスピルバーグ監督の「プライベート・ライアン(原題:SAVING PRIVATE RYAN)」である。今見てもなお、オープニングのノルマンディー上陸作戦はその凄まじさに圧倒される。

スピルバーグはこういったリアルで細かい部分を描くのが非常に上手い。しかし彼の作品の多くは、お涙頂戴を強制するようなシーンが音楽の抑揚と合わせて使われるので、あまり好きではない。彼は映画作家というよりは、エンターテイナーであると思う。

「プライベート・ライアン」に限って言えば、面白く楽しめた映画だった。

激しい銃撃シーンや狙撃シーン、タイガー戦車との戦闘など、戦争オタクにはたまらない作品だと思う。実際、この映画の戦闘シーンを超える戦闘シーンを持つ映画はないのではないだろうか。戦闘シーンだけは「プライベート・ライアン」は群を抜いている。

狙撃手役のバリー・ペッパーも最高にイカしていた。彼がいなかったらライアン救出も成功しなかっただろう。勲章ものの大活躍であった。狙撃手は実際の戦争においても、かなり重宝するのであろう。

物語としては、ライアン二等兵を助けるだけのシンプルなものだ。プライベートとは二等兵という意味である。

この映画は、陳腐な家族愛を見せるよりも、より戦闘に重きを置いたのが成功した理由だと思う。年老いたライアン二等兵が、家族と共に墓を訪れるシーンなどどうでもいいのである。ここにスピルバーグの悪い癖が表れるが、いやはや仕方ない。彼はそういうシーンが好きなのだ。映画全体としては、十分に楽しめる作品であることは間違いない。

余談だが、ライアン二等兵にはモデルとなる人物がいたようだ。フレデリック・ナイランド三等軍曹という実在のアメリカ人で、彼も同じく3人の兄が従軍していた。彼はノルマンディー上陸作戦で落下傘部隊として敵陣深くに降下し、孤立してしまった。映画のような救出作戦はなかったものの、なんとか無事に連合軍に合流し、帰国後3人の兄の死を知ったようです。

そういう実話を踏まえて観ると、また異なる視点でライアンを観ることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする