「レヴェナント 蘇えりし者」感想レビュー

「レヴェナント 蘇えりし者」感想レビュー


【作品情報】

2015年アメリカ映画。
レオナルド・ディカプリオと「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で第87回アカデミー賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が初タッグを組み、実話に基づくマイケル・パンクの小説を原作に、荒野にひとり取り残されたハンターの壮絶なサバイバルを描いた人間ドラマ。主演のディカプリオとは「インセプション」でも共演したトム・ハーディが主人公の仇敵として出演し、音楽には坂本龍一も参加。撮影監督を「バードマン」に続きエマニュエル・ルベツキが務め、屋外の自然光のみでの撮影を敢行した。第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞など同年度最多の12部門にノミネートされ、ディカプリオが主演男優賞を受賞して自身初のオスカーを手にしたほか、イニャリトゥ監督が前年の「バードマン」に続いて2年連続の監督賞を、撮影のルベツキも3年連続となる撮影賞を受賞した。

【あらすじ】

狩猟中に熊に襲われ、瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス。狩猟チームメンバーのジョン・フィッツジェラルドは、そんなグラスを足手まといだと置き去りにし、反抗したグラスの息子も殺してしまう。グラスは、フィッツジェラルドへの復讐心だけを糧に、厳しい大自然の中を生き延びていく・・・。

荘厳で美しい映像美と坂本龍一の重厚な音楽が、見る者をこの圧倒的な世界に引きずり込みます。この映画は物語の長い部分が主人公のサバイバル映画になっています。しかしそれが、あまりにも凄まじく、ディカプリオの圧倒的な演技力もあり、引き込まれます。自分も一緒にサバイバルしている気分になります。

ただただ、自然の厳しさと、サバイバルの壮絶さに唖然としたまま虜になっていました。それにしてもこの映像美はなんなんだろう。。。

エマニュエル・ルベツキは3年連続で撮影賞を受賞しているなんて、本当の天才ですね。この人の映像を見れるってだけで、私たちはラッキーだと思います。

また、冒頭のインディアンとの戦闘シーンもすごかった。
あんな映像みたことありません。長回しで撮ったんでしょうか。
このイニャリトゥという監督も、とてつもない才能だと思います。
「21グラム」の時から、注目していましたが。
すでに大御所になってしまいましたが、才能の塊ですね。

それにしてもアメリカ西部開拓時代は、移動するにも本当に大変だったんでしょうね。
サバイバル術を身につけなければ、自然の厳しさを前に、何もできないだろうと思います。

なんにせよ、ディカプリオ、イニャリトゥ、ルベツキこの3人の天才が交わってるのですから、絶対にみるべき映画の一つであることは、間違いないでしょう。強くお勧めします。

「レヴェナント:蘇えりし者」予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大