「マネーモンスター」真実は生中継で暴かれる

「マネーモンスター」真実は生中継で暴かれる


【作品情報】

2016年アメリカ映画。
『リトルマン・テイト』『それでも、愛してる』で監督としても高い評価を得ているジョディ・フォスターが監督をつとめ、ジョージ・クルーニーを主演に迎えておくる株取引の裏側を描いた社会派ドラマ。共演ジュリア・ロバーツ、ジャック・オコンネル。

【あらすじ】

リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)が司会を務め、その巧みな話術で株価予想や視聴者への助言を行う高視聴率財テク番組「マネーモンスター」。
番組ディレクターのパティ(ジュリア・ロバーツ)の指示を聞かず、アドリブ全開でリーが生放送に臨む中、
拳銃を手にした男カイル(ジャック・オコンネル)がスタジオに乱入してくる。
彼は番組の株式情報によって財産を全て失くしたと憤慨し、リーを人質に番組をジャック。
さらに放送中に自分を陥れた株取引のからくりを白日のもとにさらすようパティに迫る…。

「マネーモンスター(money monster)」は女優でもあるジョディ・フォスターが監督を務めた社会派映画です。
ジョージ・クルーニーは人気番組の司会者で、そこに拳銃を持った男が侵入して立てこもるという
映画の題材としてはよくある話です。
真新しさみたいなものは全然見当たらず、立てこもりの男が社会の不正を訴えるという、なんだか前に見たことがあるような話ですね。

こういった劇場型犯罪を描いた作品なら「狼たちの午後」がピカイチだと思います。あれこそ社会の底辺の鬱屈を見事に描いた傑作でした。「狼たちの午後」を観た時は本当に衝撃でした。アル・パチーノの演技もすごすぎた。

それに比べこの映画は、ジョディ・フォスターの力不足と言わざるを得ません。
物語としては丁寧に運ばれていて、映画としてはそれなりに見れるのですが、
何かインパクトが足りない。パワーが足りない。そう感じました。
深くないんですよね。ありきたりな社会悪を表面的に描いているようでした。
株価操作の裏側をもっともっと深く描いてほしかった。
そして、カイルのような社会的弱者の生まれるアメリカの闇にもっと切り込んでほしかった。
まあでも、そんな深い映画を撮れる監督ではないので、ただの冗談です。

この映画で良かった点は何だろう。
最後にジョージ・クルーニーが不正操作した企業のCEOを
思いっきり殴ったところでしょうか。
あれは少しスカッとしました。
人気番組の司会者もカイルに同情し、最後はカイルの味方になっていた。
観客の気持ちを代弁してくれる一撃だったと思います。
良かったところはそこだけかな。
そんなこんなで、「マネーモンスター」は観ても観なくてもいい、そんな映画でした。

『マネーモンスター』 予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大