「ブロークン・フラワーズ」スカしたオヤジの人生譚


「ブロークン・フラワーズ」予告編映像

スポンサーリンク

作品情報

2005年アメリカ映画。(原題:Broken Flowers
鬼才ジム・ジャームッシュ監督が、「ゴーストバスターズ」のビル・マーレイを主演に迎えて描く哀愁漂うハートフルコメディ。第58回カンヌ国際映画祭において審査員特別グランプリを獲得し、ジム・ジャームッシュ復活を印象づけた作品。豪華な共演者にジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、ジュリー・デルピーなど。

あらすじ

多くの女性たちと気ままな恋を楽しんできた中年男ドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)は、ある日「あなたの息子がもうすぐ19歳になります」と書かれた匿名の手紙を受け取る。困惑したドンは親友のウィンストン(ジェフリー・ライト)に促され、手紙の主を探すため元恋人たちとの再会の旅に出るが…。

感想・レビュー

とぼけた男の演技をさせたらピカイチのビル・マーレイが、元色男(ドン・ファン)の中年男性ドン役を怪演しています。

彼の茶目っ気たっぷりのおとぼけっぷりと言ったら、クスクスと笑いがとまりません。こういう役ほんとに上手ですよね。ふざけてるのか、真面目なのかよくわかりません。笑

そして監督はかのジム・ジャームッシュ。

「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ダウン・バイ・ロー」など我が青春時代の想い出の監督であります。そんな彼が作ったロードムービーとはいかなるものか、と。当時ワクワクしたのを覚えています。

ストーリーは意外に淡々とすすみます。
4人の元恋人たちに会いに行くのですが、一人はお墓なので、正確には5人か。

ちょっと殴られたりもしますが、ほんとに淡々と特に事件もなく進んでいきます。
それなのに、画面にくぎ付け。次の展開にワクワクします。
この不思議な映画の魅力はジム・ジャームッシュならではなのか。

元恋人たちはみんなそれぞれの現在があって生活があって。
現実的だなあと思いました。

昔の恋人に会いに行ってみたいなと思うけど、やっぱりちょっと恐いですよね。
嫌な顔されたり、誰?って思われるかもしれないし。
多分、ほとんどの場合、ドンのように困惑された顔されるんじゃないでしょうか。

それぞれの元恋人たちのドンに会った瞬間の顔が、とても面白かったです。

結局ドンは何の手がかりも得られず、家に帰るのですが、カフェの外にいたバックパッカーの青年に、自分の息子じゃないのか?と声をかけてみたり、それなりに気になっているドンでした。

誰が手紙を書いたのか、わからずじまいなとこが結構もやもやしました。
誰が書いたんだろう、ほんとに。みなさんは誰が怪しいと思いますか?

それにしても終始ビル・マーレイのとぼけた表情が可笑しかったです。

最近の映画を見慣れている人は、こういう映画も新鮮でいいと思いますよ。
ジム・ジャームッシュを観たなんていったら、サブカル女子と話が合いますよ。笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする