おバカ映画の金字塔「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」

おバカ映画の金字塔「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」


「ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い」予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

作品情報

2009年アメリカ映画。(原題: The Hangover
バチェラー・パーティー(独身最後の夜)の男たちの二日酔いを描いたアメリカで大ヒットを記録したコメディ映画。この作品はハングオーバーシリーズの第一作目となる。監督トッド・フィリップス。主演ブラッドリー・クーパー。共演エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス。

あらすじ

2日後に結婚を控えたダグは、悪友フィル、スチュ、そして義弟となるアランの3人を連れ、独身最後の夜を満喫するためラスベガスへと向かう。酒やギャンブルでバカ騒ぎをした4人は翌日、ひどい二日酔いで目覚め、前夜の記憶はすっぽりと抜けていた。さらにホテルの部屋にダグの姿はなく、代わりに1匹の虎と乳児がいた…。

感想・レビュー

とんでもお下品バカ映画の代表作「ハングオーヴァー」でございます。

最初これを見た時、自分はどういう映画かわからずに見ました。

バチェラーパーティーをした男たちが、前日の記憶がすっぽりと抜け、部屋には巨大なトラと赤ん坊がいて、なんだかミステリアスな感じで興味津々にはじまりました。

どんどん種明かし的に物語が進んでいき、どんどん物語に引き込まれて、一体どうなるんだろう?的な面白さがありました。

最後はとってもお下品でどうしようもないアホさ加減ですが、本当に大笑いしたバカ映画のひとつです。コメディ大好きな人は、是非見てほしい一作です。

でもって登場キャラクターそれぞれが個性的でとっても面白い。

色男のフィル(ブラッドリー・クーパー)に、歯科医のスチュ、ちょっと危ない義弟のアラン。アラン役のザック・ガリフィアナキスですが、この人めっちゃ面白くないですか?スタンダップコメディ出身のコメディアンです。この映画で大ブレイクしました。その後も、色々なコメディ映画に出ていて笑かせてくれます。小太りのダメな中年男を演じさせたらピカイチですね。笑

ブラッドリー・クーパーは今や人気スターの一人になってしまいましたね。この頃はまだ、あまり知られていなかった無名俳優だったようです。でも圧倒的存在感を放っていますよね。スターになるのもうなずけます。

歯科医のスチュの馬鹿真面目だけど、だいぶ抜けているところもいい味だしていました。ストリップダンサーと一夜にして結婚してしまいましたからね。笑最後の別れのシーンでは彼の優しさが出ていて、少しホロッときましたね。

この映画は何も考えずに、バカ映画観たいな~なんて日にはぴったりです。
休日が楽しくなるんじゃないでしょうか。
なんかこういうドンチャン騒ぎもたまにはいいですよね。

記憶をなくした男たちの行く末は!?
是非映画をご覧になって確認してください!

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大