「トゥルーマン・ショー」彼の人生はリアリティ番組だった

「トゥルーマン・ショー」彼の人生はリアリティ番組だった


【作品情報】

1998年アメリカ映画。
自分の生活をTV中継された男の悲喜劇を描いた傑作コメディ映画。監督は「いまを生きる」「グリーンカード」の名匠ピーター・ウィアー。脚本は今作を監督する予定だったアンドリュー・ニコル。主演は人気コメディスターのジム・キャリー、共演エド・ハリス、ローラ・リニー、ノア・エメリッヒ、ナターシャ・マケルホーン。

【あらすじ】

離島のシーヘブンで、保険会社のセールスマンとして毎日を過ごすトゥルーマン。ある日、いつものように新聞を買ったあと、雑踏の中ひとり佇むホームレスの老人とすれ違った。それは幼い頃、海に沈み亡くなったはずの父親だった。しかし、その老人は間もなく何者かに連れ去られてしまう。それからというもの、彼は自分の周囲を不審に感じ始める…。

ジム・キャリーの熱演が光る傑作コメディ「トゥルーマンショー」。物語が奇抜で、非常に楽しませていただいた作品でした。こういうのをメタフィクションというらしいです。フィクションの中のフィクション。

1日24時間365日、彼の人生は生まれた時からすべて、リアリティ番組である「トゥルーマンショー」として世界220カ国でTV中継されていたのでした。彼の人生はすべて巨大スタジオの中。ジム・キャリーのあの独特のインチキ臭い笑顔が、トゥルーマンという男の可笑しさを誘います。彼だけが真実を知らなくて、家族も友人も本当は役者さんたち。これだけで興奮してしまう設定ですね。

彼には忘れられない人がいた。それは学生時代の恋人ローレン。ローレンだけは彼を不憫に思い真実を伝えるのですが、トゥルーマンは彼女の言っていることが理解できなかった。そしてローレンは誰かに連れ去られてしまうという過去がありました。

そしてとうとう自分の世界に疑問を抱いたトゥルーマンは、自分の住んでいる島からの脱出を試みます。それはまるで檻の中のペットが、外の世界の素晴らしさに気づき、逃げ出そうとする様に似ていた。彼は視聴者にとっては、ペットそのものだったのだ。

もし自分の人生がTV番組だとしたらと思うとゾッとする。家族、友人、恋人、クラスメイト、同僚、すべてが役者なのだ!その恐ろしさをコメディ要素と皮肉たっぷりに描く様が、この映画の面白さです。

最後にトゥルーマンは、嵐のなか海を渡り、世界の果てであるスタジオの扉を開けて、本当の世界へと飛び出す。それはとても清々しい姿でした。彼の本当の人生は、これから始まる。

気づけば私たちの人生も、いつも何かに縛られ生きている人生。トゥルーマンの後ろ姿に、人生の希望と自由が何なのかを垣間見させていただきました。

とても素晴らしい良い作品でした。強くお勧めできる映画です。

「トゥルーマン・ショー」予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大