『新感染 ファイナル・エクスプレス』ネタバレ感想評価 ゾンビとは何か?


『新感染 ファイナル・エクスプレス』予告動画

スポンサーリンク

『新感染 ファイナル・エクスプレス』作品情報

2016年韓国映画(原題:釜山行 英題:Train to Busan)。
アニメーション出身のヨン・サンホが監督した韓国発ゾンビ映画。高速鉄道という密閉空間で起こるゾンビとの格闘を描く。前日譚としてアニメ映画『ソウル・ステーション パンデミック』も製作。出演コン・ユ、キム・スアン、マ・ドンソク、チョン・ユミ、アン・ソヒ、チェ・ウシク他。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』あらすじ

妻と別居中のソグ(コン・ユ)は、娘のスアン(キム・スアン)と母の3人で暮らしていた。仕事一筋に生きるソグは、娘の誕生日に以前と同じものを買ってくる始末。娘のスアンに釜山にいるお母さんに会いたいとせがまれたソグは、翌日仕方なく娘を連れ釜山行の高速鉄道KTXに乗り込む。だが、そこにはゾンビウイルスに感染した女性も乗り込んでくるのであった…。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』ネタバレ感想評価

『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、ソウル発プサン行の列車内で起こるゾンビ・パンデミック(感染爆発)の恐怖を描いたゾンビアクション映画です。

韓国では初のゾンビ映画でもあるという本作。アクション、ホラー、人間ドラマに高速鉄道を掛け合わせたスピード感あふれる展開になっています。

ヨン・サンホ監督によれば、日本の漫画「アイアムアヒーロー」の影響を受けているそうです。またゾンビの動きはボーンブレイクダンスの動きを参考にしているので、独特で面白いですよね。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の感想は、世界的にも高評価を受けているので、どんな作品かと期待して観賞したのですが、はっきり言って普通でした。凄く面白いわけでも、つまらないわけでもなく、ほんとに普通です。ストーリーがシンプルで分かり易い一方、捻りがなく単調です。フツーのゾンビ映画を観たな、という感想。

途中からは道徳観も問うてきて、こういう人間のエゴや醜さを描くなら「ウォーキングデッド」のほうが秀逸だし。エンタメ性でも「アイ・アム・レジェンド」や「ワールドウォーZ」の方が全然面白い。

特に、日本のTVドラマのようなベタな親子愛を見せられて愕然としました。もう少し他の見せ方はなかったか。。。

例えば、娘が父親に倫理を問うような説教くささは排除する。娘を口のきけない設定にし、自分と娘だけ助かろうとする父親に、逃げ遅れた人を指差す娘。仕方なく助ける父。そこで娘はニコッとほほ笑む。そこから父親の意識が徐々に変化していく。

こうすればベタな説教臭さがなくなる。口の聞けない娘を背負いながら、黙々と人を助けゾンビに立ち向かう父親の背中に、全米が泣いた。なんて笑。

ただ、邦画ではここまでのクオリティのゾンビ映画は作れないので、そういう意味では素晴らしいと思います。

そういうわけで、ここからは『新感染 ファイナル・エクスプレス』のキャラクターの紹介を交え、見所を解説していきたいと思います。(ネタバレ含む。結末のネタバレはなし)



スポンサーリンク

ソグとスアン


仕事一筋人間のソグ。仕事ばかりで家庭を顧みなかった故、妻とは別居中。娘の誕生日プレゼントも同じの買うし、発表会も仕事で行かず。娘は将来絶対グレるな。ゾンビが襲ってきた時も、最初は自分と娘だけ助かろうと必死。

そんな父親とは対照的に、娘のスアンは老人に席を譲ったりする心優しき女の子。仕事のコネを使い逃げようとした父親を拒否し、みんなに知らせようとする。なんて出来た子!

ファンドマネージャーのソグは拝金主義のエリートの象徴。利己主義で排他的。そんなソグが人々との交流や娘への愛によって、どう変わっていくかが見所のひとつ。

それにしてもコン・ユが東出昌大に似てると思ったのは私だけじゃないはず。

サンファ


サンファ(マ・ドンソク)は労働者階級のプロレスマン。愛する妊娠中の妻ソンギョン(チョン・ユミ)の為に身体を張る。正義の盾となり猪突猛進にゾンビに突き進む姿はカッコいい。この映画で一番活躍した男。

エリートとワーキングクラスの対比も見所のひとつ。筋肉バカだけど真っ直ぐな男らしさにソグも心動かされる。

社会風刺

もし朝鮮有事などの国家的危機が発生した場合、国は役に立たず、国民は自分の力で何とかしなければなるまい、という風刺も見所のひとつ。

38度線はソウルのごく近くだ。ソウルで何か起きた場合、人々は釜山行きの列車に乗るのだろう。ゾンビが表すのは戦争である。

そんな危機的状況が訪れた時、みんなで力を合わせよう!と映画は訴える。だからエリートと労働者とホームレスを登場させた。

緊急時には地位や序列は関係ない。人々がお互い協力して、乗り越えていかなければならない。エゴの塊のバス会社CEOのような人間に対する強烈な皮肉も込められている。『新感染 ファイナルエクスプレス』の最大の肝は、この社会風刺的側面にあると思う。

国家的危機をゾンビで表現し、人々の倫理や行動を問うた作品が『新感染 ファイナル・エクスプレス』でした。ゾンビが苦手な人でもそんなに怖くないので、アクション映画としてもご覧いただけます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事