「ボーン・アイデンティティー/The Bourne Identity」レビュー

「ボーン・アイデンティティー/The Bourne Identity」レビュー


【作品情報】

2002年アメリカ映画。
ジェイソン・ボーンを主人公にしたロバート・ラドラム原作の国際ポリティカル・サスペンス3部作の第1作目にあたる同名小説(邦題は『暗殺者』)を映画化したサスペンス・アクション。主演はこれが本格アクション初チャレンジとなる「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のマット・デイモン。監督は「スウィンガーズ」のダグ・リーマン。ヨーロッパの各地を舞台に、記憶を失った男が、戦闘能力を備えた自分の正体を突き止めようと奔走しながら、次々と現われる暗殺者たちとの攻防に巻き込まれていくさまをスリリングに描く。

【あらすじ】

ある嵐の夜、イタリアの漁船が洋上に漂う意識不明の若い男を発見する。引き上げられたその男の背中には弾痕があり、皮下にはマイクロカプセルが埋め込まれ、それにはスイスの銀行の口座番号が印されていた。男はなんとか息を吹き返すが、記憶を失っており、自分の名前も分からない状態だった。数週間後、彼は身元の唯一の手掛かりであるスイスの銀行に向かう。その貸金庫にはジェイソン・ボーン名義を含め6ヵ国のパスポートや大金、そして拳銃が入っていた。やがて暗殺者たちに狙われ始めた彼は、偶然出会ったマリーの協力を得てパリへと向かうのだったが・・・。

「ボーンアイデンティティー」はアクション映画の最高峰といっても過言ではないでしょう。ストーリーも秀逸ですし、アクションもクールでかっこいい。
この映画で、マットデイモンのことをだいぶ好きになりました。
ジェイソンボーン強すぎ!!格闘シーンは、すごいですよね。
パッパッと敵をやっつけてしまいます。ゾクゾクする強さで、男にとってはたまりませんね。

ヨーロッパを舞台にしているので、街並みや画面の雰囲気がとても良くて綺麗で、
ほどよい緊張感も伝わり、ほんとにクールでおしゃれな映画だと思います。

好きなシーンは、マリーとの逃亡先の田舎の家での追手との戦闘シーン。
静寂な村の中での、鳥の羽ばたきと銃声。ジェイソンはあっという間に敵を倒してしまいますが、なかなか素晴らしい演出だと思いました。
なんというか、孤独感がよく表れていました。孤独な闘いです。

またラストもとってもいいですよね。ああ!良かったね!ってほんとに思いました。
映画としては完璧すぎて、これを超えるアクション映画なんて、あるのかなって思うくらいです。

ボーンシリーズは3部作となっているけど、個人的には、この1話で完結してもいいと思います。それくらい秀逸な優れた映画でした。
やっぱりハッピーエンドが一番です。

「ボーン・アイデンティティー」劇場予告動画

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大