「キル・ビル Vol.2」革命的超絶エンターテイメント

「キル・ビル Vol.2」革命的超絶エンターテイメント


「キル・ビル2」予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

作品情報

2004年アメリカ映画。
クエンティン・タランティーノ監督の人気アクション映画「キル・ビル」の続編。女殺し屋ブライドの最後の戦いを描くアクションエンターテイメント。主演ユマ・サーマン、共演デヴィッド・キャラダイン、ダリル・ハンナ、マイケル・マドセン、ゴードン・リュー。

あらすじ

「毒ヘビ暗殺団」の女殺し屋ザ・ブライド(ユマ・サーマン)。彼女は結婚式の最中に組織から襲撃を受け、お腹の子供を失い、瀕死の重傷を負った。それから4年。長い昏睡から目覚めた彼女は復讐の旅に出る。メンバー二人の暗殺を終えた彼女は、次の標的バドを探すためテキサスの荒野へと向かう。

感想・レビュー

「キル・ビル」より「キル・ビル2」のほうが自分は好きです。

1作目はド派手なアクション満載でエンターテイメント色が強い一方、2作目は人間ドラマ的な要素を多分に占め、映画として観れるからです。

タランティーノ自身も1作目と2作目は全然違う映画だと言っています。2のほうがセンスに溢れ、単純に面白いと思います。カンフーとマカロニウエスタンが融合した異色な映画ですね。まさに革命的映画だと思います。そんなに評価は高くないですが。

バド(マイケル・マドセン)のシーンは非常に興味をそそります。

屈強な殺し屋バドが、現在はトレーラーに住んでいて、テキサスの片田舎のバーの用心棒として雇われているが、遅刻ばかりしてボスに怒られ、トイレ掃除を頼まれる、哀愁漂う男になっております。これだけで映画1本撮れそうな話です。何故バドをここまでクローズアップしたのでしょうか。ちょっと笑ってしまいます。

かと思いきや、次のシーンではカンフー映画が始まります。昔、少林寺映画で活躍したゴードン・リュー扮する白髪の仙人パイ・メイに弟子入りするブライド。修行のシーンが続き、完全にカンフー映画になっています。本当にふざけていますね笑。この訳の分からない何でもありの感じがタランティーノ映画の真骨頂でしょう。

そしてかなり時間を使ったバドですが、蛇に噛まれてあっという間に死んでしまう。これもタランティーノらしいし、片目のエル(ダリル・ハンナ)との戦いも一癖あり。敵がとても個性的ですね。

ビル(デイビッド・キャラダイン)も超冷酷と思いきや、実はブライドに対する愛からだった。全く説得力ないですけどね笑。

デヴィッド・キャラダインは残念ながら亡くなられましたが、キル・ビルのビルと言えば彼なので人々の記憶に残る俳優になって彼も光栄だったと思います。

ラストはきっちり驚きも含まれて、まさかのハッピーエンド。本当に最後まで、何が起こるか分からない展開を楽しませてくれました。

一言でいえば、何じゃこりゃ?っていうトンデモ映画。でも締めるとこは締めて、十分楽しませてくれるエンタメ作品に仕上がっております。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大