「日本で一番悪い奴ら」を観た感想

「日本で一番悪い奴ら」を観た感想


【作品情報】

2016年日本映画。
元北海道警察刑事の稲葉圭昭による原作をモチーフに現役警察官の不祥事を描いたクライム映画。監督は「凶悪」で数々の賞を受賞した白石和彌。主演は綾野剛、共演YOUNG DAIS、中村獅童、矢吹春奈、ピエール瀧など。

【あらすじ】

柔道で鍛えた力を買われて、北海道警察の刑事になった諸星要一(綾野剛)。裏社会に入り込んでS(スパイ)をつくれという、先輩刑事・村井の助言に従い、Sを率いて「正義の味方、悪を絶つ」の信念のもと規格外の捜査に乗り出す。こうして危険な捜査を続けていった諸星だったが…。

「日本で一番悪い奴ら」は結論から言うと、かなり良い出来でした。「マルサの女」「ミンボーの女」の伊丹十三節を思わせる軽快なタッチとアイロニーで悪徳刑事の半生を描く、優れた作品だったと思います。白石監督は要チェックの監督ですね。

事実は小説より奇なり。実際に起きた刑事の不祥事である「稲葉事件」が元なので、そういう意味でもかなり面白かったです。

主人公の綾野剛扮する諸星刑事は、悪徳というよりも真面目すぎる奴だったと思います。あまり悪徳という感じではなかった。真面目バカとでもいうのでしょうか。
柔道の日本チャンピオンで柔道一筋に生きてきて、始めは正義感にあふれていたと思います。先輩デカの「ヤクザの世界に飛び込んで協力者をつくれ」という一言をそのまま受け止め、めちゃくちゃしながらヤクザの世界に入り込んでいく様は、柔道バカまんまでした。

そして、警察の評価が点数制だという事実。点数を稼ぐために事件をでっち上げたり、何でもしちゃうという状態になっていきます。それを北海道警察も黙認というより、むしろ組織ぐるみで承認していく。警察という構造的な問題が多分にあったこともあぶりだされます。

それでもやっぱり、諸星本人の性格にも十分な問題があったことは間違いない。利欲的で承認欲求が人より強かったのだと思います。どんなプレッシャーがあったとしても、覚せい剤に手を出したことも本人の選択です。

成果よりも、悪に手を染めないという選択肢もあった。
昇進よりも、正しく生きていくという選択もあった。
すべては本人の選択です。彼は成果を出し、警察内で認められたいために、悪事に手を出すという選択をしました。映画の主人公ですから、諸星は根は善人っぽく描かれていますが、この辺りは感情移入せずに冷静に見る必要があります。

綾野剛の演技は上手だったと思います。ただ、諸星のキャラクターがしっかりと定まっていない感じも受けました。諸星がどんな奴だったかという印象で言うと、女好きですぐキレる奴、でした。それ以外の人間的な深い洞察は特にありません。

なんにせよ、久しぶりに面白い邦画を観ました。邦画もまだまだ捨てたもんじゃないのかもしれません。

『日本で一番悪い奴ら』予告編映像

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大